「『地方』から見た中国経済 第7回」一歩先の外国人視点の誘客を

「『地方』から見た中国経済 第7回」一歩先の外国人視点の誘客を160308_nikkanko日刊工業新聞の金融面で担当させていただいている「『地方』から見た中国経済」(毎週火曜日、全8回)。本日、第7回目が掲載されました。記事の写真をクリックすると拡大します。

今回のテーマは「地方が外国人観光客を誘客するためには!?」です。今やインバウンドは、日本の数少ない成長産業として大注目。それを受けて観光庁では、莫大な予算を確保。そのお金は2016年度に全国の自治体にばら撒かれることでしょう。そして、始まるわけです。「インバウンド狂想曲」が!!

明確な意図やストーリー性を持ってインバウンドに取り組む地域は成功するでしょうが、そうでないところは珍妙な政策やハコモノを作り出していくことになるでしょう。

でも、失敗してもいいと思います。だって、外国人観光客によって経済を活発化させようという試みは、日本の歴史の中で初めてのことなんだもの。むしろ失敗して当たり前でしょう。だから、まずは何か始めてみることが大切だと思います。

外部リンク

「地方」から見た中国経済 日刊工業新聞電子版(※要登録、無料)

関連記事

日刊工業新聞 金融面「『地方』から見た中国経済」
現地編
第1回 成長続ける地方都市に注目
第2回 地方振興策で格差是正進む
第3回 「2、3級都市」、進出の狙い目
第4回 環境問題解決、日本勢に期待
日本編
第5回 地方空港活況、次の一手大事
第6回 ホテル不足解決し商機に
第7回 一歩先の外国人視点の誘客を
第8回 中国企業の買収策、地方も注視

日刊工業新聞 金融面「転換期迎える中国経済」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA