CONTENTS

日本を海外に紹介

日本史一覧japan-logo3 都道府県japan-map-logo2 日本文化一覧japan-culture2 日本サブカル
日本マンガ史
japan-comic2
中華圏向け
huanying-logo
英語圏向けninja-samurai-logo  

『羅小黒戦記』に感動と驚愕!

 

『羅小黒戦記(ロシャオヘイせんき)〜ぼくが選ぶ未来〜』をついに観ました!観て良かった。素晴らしかった。

キメツが新記録を樹立した裏で、異例のロングランになっていた知る人ぞ知る本作。しかも、珍しいことに中国アニメなのです。

物語の雰囲気はスタジオジブリに似ており、戦闘シーンは『NARTO』の影響が見られます。制作陣は間違いなく日本アニメのファンでしょう。

かといって単なるマネやパクリではなく、しっかり中国アニメとして昇華させています。

いやはや、すでにこのクオリティまで来ちゃっているんですね。見ればぶっ飛んでしまうでしょう。中国のことが好き嫌いとかは関係なく、誰が見ても感動できる作品です。

ちなみに、本作の配給はキメツを制作したアニプレックスです。やっぱり、とんがっている会社は違います。一般的に日本社会において、「中国」とかは手を出さずに避ける分野でしょう。でも、この会社はやっちゃうんですよね。そしてキメツのようなとんでもないブームを作り出しちゃうんですよね。

外部リンク

『羅小黒戦記〜ぼくが選ぶ未来〜』公式サイト

関連記事

マンガレビュー一覧

公式同人イラスト画集 羅小黒戦記大電影:官方同人画集 中国版 公式 同人 イラスト集 画集 映画 劇場版 アニメ THE LEGEND OF LUOXIAOHEI ルオシャオヘイジャンジー MTJJ 羅小黒戰記 ロシャオヘイセンキ

新品価格
¥9,000から
(2021/1/1 02:50時点)

日本マンガの聖地「トキワ荘」

1953年、手塚治虫はトキワ荘(東京都豊島区)という名前のアパートに入居します。この頃の手塚はすでに売れっ子漫画家として成功しており、それを慕ってまだ無名の若手漫画家たちがトキワ荘に集まります。手塚は若手たちに「漫画のアイデアのためにも、映画をいっぱい見なさい」といったアドバイスしていました。

手塚はわずか1年程度でトキワ荘を出ていきましたが、その後も若手漫画家たちは、切磋琢磨して実力を磨いていきました。彼らの中には、藤子・F・不二雄(藤本弘)、藤子不二雄Ⓐ(我孫子素雄)、石ノ森章太郎赤塚不二夫などがいました。その後、彼らが日本のマンガ界を牽引していきました。まさにトキワ荘は日本マンガの聖地といえます。

残念ながらトキワ荘は1982年に老朽化のため取り壊されました。しかし、トキワ荘が果たした意義を後世に語り継いでいこうと、地元住民が中心となって再建することが計画されます。そして木造2階建ての当時の姿が復元され、2020年に博物館としてオープンしました。貴重な資料が展示されているほか、畳部屋、共用の台所やトイレといった内観が細かく復元され、かつての日本のライフスタイルを知ることもできます。

英訳

In 1953, Osamu Tezuka moved into an apartment called Tokiwa-sō in Toshima ward, Tokyo. Because Tezuka had already succeeded as hottest manga artist, nameless young manga artists also had moved into Tokiwa-sō to follow Tezuka. Tezuka advised them to watch many movies for making works.

Although Tezuka moved out Tokiwa-sō after about one year, young manga artists improved themselves through friendly rivalry. Residents included Fujiko F. Fujio (Hiroshi Fujimoto), Fujiko Fujio A(Motoo Abiko), Shotaro Ishinomori, Fujio Akatsuka and so on. After that they had led Japanese manga industry. Tokiwa-sō was certainly the sacred ground of Japanese manga.

Unfortunately, Tokiwa-sō was demolished because of aging in 1982. However, in order to pass down the significance of Tokiwa-sō to future generations, it was planned that the local residents played a central role in the restoration. The two-storied wooden apartment was restored and opened as a museum in 2020. In addition to exhibiting valuable materials, the interior of the tatami room, shared kitchen and toilet has been restored in detail, and you can learn about the Japanese lifestyle of the past.
by blogger

中国語訳

于1953年,手冢治虫迁入名为[1]常盘庄[2]的公寓(在东京都丰岛区)。因为当时手冢已经得名了,所以无名年轻的漫画家就聚集[3]到常盘庄。手冢鼓励他们说了:“电影看多了! 作漫画时有好处。”。

手冢仅一年左右离开常盘庄了,然后年轻的漫画家在那里继续切磋琢磨[4]。他们中有藤子·F·不二雄(藤本弘)、藤子不二雄Ⓐ(安孙子素雄)、石之森章太郎、赤冢不二夫等。他们牵引[5]了日本的漫画界。常盘庄正是日本漫画的圣地。

不幸的是,常盘庄由于老化而于1982年被拆除[6]。但是为了将常盘庄的重要性传承给后代,恢复计划以当地居民为中心开始了。然后重建了两层木结构公寓,并它有当时的面貌。于2020年作为博物馆开放。除了展示有价值的材料外,榻榻米室,共用厨房和卫生间的内部都得到了详细的恢复,您可以了解过去的日本生活方式。
新浪博客版

1 迁入 qiānrù 移る
2 常盘庄 Chángpán zhuāng トキワ荘
3 聚集 jùjí 集まる
4 切磋琢磨 qiē cuō zhuó mó 切磋琢磨
5 牵引 qiānyǐn 牽引する
6 拆除 chāichú (建物を)取り壊す、解体する

関連記事

マイルスと手塚治虫の相似性2 「トキワ荘」は漫画の歴史そのもの
日本マンガの歴史
マンガレビュー一覧
日本史 年代別記事一覧

トキワ荘の青春 [DVD]

中古価格
¥13,490から
(2021/1/9 03:48時点)

海外でも自分でコピーしたい!

ワイドショーに出ている人には、海外にあるのに日本にないものを嘆く人が多いです。「アメリカでは・・・」「イギリスでは・・・」。彼らはネット上で、「出羽の守(ではのかみ)」というネットスラングで呼ばれています。彼らへの賛否は、今回はとりあえず置いておきます。

( ✧Д✧) 逆に私は言いたい!!

日本にあるのに、海外にないものも実は多いのです。頼むから普及してほしい!と思っているのが、コピーサービスです。つまりキンコーズとかコンビニにあるマルチコピー機です。なぜ、ない? あんたらコピーなしで生きていけるの?

ホテルで頼むこともできます。でも、残念ながら細かい機微が伝わらない。できれば自分でやりたい!

以前こちらが気をきかして付箋を貼って頼んだことがありました。両面に文書がある場合、「この面をコピーしてね」という意味です。もちろんカタコトの英語で「コピーのときは、付箋はずしてね」とも伝えました。向こうもカタコトの英語で「OK !」と言いいました。

だがしかし、結果はどうか!付箋ごとコピーしてきやがるじゃないか!もっ、文字が見えん・・・。
(ToT) Oh my God ! どうして付箋はずしてくれないのさ。もう仕方がない。大量の枚数だから取り直しもできず、そのまま使ったけどね。

私は思います。キンコーズの出店じゃなくてもいいから、Airbnbみたいにコピー機やプリンタをシェアリングできるアプリとか、誰か開発してくれないかな? ニーズは極端に少ないだろうけど、あったら嬉しいなーと思います。

家族の成長記録をプログラミングで作ってみよう!

2020年4月から、プログラミング教育が小学校で必修になりました。難しそうに感じるプログラミングですが、身近なものがテーマだと理解も早いです

例えば、「家族の成長記録」をHTMLとJavaScriptで使ってみませんか。想い出の写真を載せ、文章を入れて、音楽を加えて準備OK。それらが動き出したとき、とても感動しますよ!

以下のPDF書籍には、他にも様々なプログラミング事例を載せています。ご興味ある方は、ぜひお買い求め下さい。

◆開発者の個人ブログ「ものづくり筆耕」

外国人観光客に盛り上がる日本クイズ!

先般、中国教育旅行視察団の通訳ガイドを担当しました。主な訪問地は茨城県と栃木県でした。

バス移動が長い時間、暇つぶし&日本への理解を深めてもらうため、景品付きクイズを行いました。皆さん、無邪気に熱中してくれて盛り上がったので良かったです。

ただ、実際に問題を作ったとき結構苦労しました。日本人しか知らないような問題出しても盛り上がらないし、簡単すぎると景品がすぐになくなってしまう。そこそこのレベルの問題を作るのは、なかなか難しいのです。

以下、私が作成した問題の一部をシェアします。インバウンド用クイズを作る際に参考にしてください。

【問題A】

日本はマンガが盛んな国ですが、本当に存在する空港はどれ?
①コナン空港 ②ドラえもん空港 ③アトム空港

【正解A】③コナン空港(正式名称:鳥取砂丘コナン空港)
コレわかんねぇだろと思って作ったクイズですが、大部分が知ってました。「鳥取県にあるよね」とまで言われてしまった(;^ω^)。コナンの知名度はもはやワールドワイド!!

【問題B】

卒業生のノーベル賞受賞者(自然科学系分野)が最多の大学は?
①筑波大学 ②東京大学 ③京都大学

【正解B】③京都大学
大部分が「筑波大学」に手を上げていました。「筑波大学=科学研究が盛ん」というイメージがかなり強いようです。ひっかけ問題として最適。

【問題C】

今回訪問した水戸市と友好都市を結んでいる中国の都市は?
①重慶 ②上海 ③天津

【正解C】③重慶

【問題D】

今回訪問した宇都宮市と友好都市を結んでいる中国の都市は?
①フフホト ②チチハル ③トルファン

【正解D】③チチハル
友好都市は問題が作りやすくていいです。

【問題E】

日本語の「がんばれ」はどんな意味?
①再見(さよなら) ②好久不見(久しぶり) ③加油

【正解E】③加油(チャーヨウ)
正解と不正解がキレイにわかれました。「あいしてる」などもいいかもしれません。

【問題F】

上野動物園で生まれたパンダの子供の名前は?
①力力(リーリー) ②香香(シャンシャン) ③真真(シンシン)

【正解F】②香香
正解と不正解がキレイにわかれました。