月刊誌『LI -エルアイ-』、茨城で創刊!!

 
アフターコロナをにらみ、実は水面下で色々とやっておりまして、
そのひとつ、編集や中国ニュースの執筆で携わっている
月刊誌『LI -エルアイ-』が茨城県で創刊されました。

「茨城と中国」がテーマの情報誌で、主に県内の経営者、自治体、大学に配布されています。

ニッチな内容ではありますが、「地元ではきっと大きなニーズがあるはずだ!」という想いと確信の下、
株式会社LEIDEAS(レイディアス)の中国人社長・黄磊(こうらい)さんが中心的に働きかけて、創刊が実現しました。

黄磊社長は来日17年、茨城県水戸市に住んで13年目。故郷である遼寧省(Liaoning)と第二の故郷である茨城県(Ibaraki)の頭文字から、
『LI -エルアイ-』と名付けました。

デザインを担当するのは、依頼されたものは何でも作ってしまう一騎当千、「茨城の趙雲」、Design Production Quite(クワイト)です。

現在、WEB版『LI -エルアイ-』も制作中なので、今後は茨城県外の人も読めるようになります。ぜひご注目ください!

関連記事

茨城県 記事一覧

『唐人街探偵-東京MISSION-』、中国映画では異例の日本全国シネマ展開!

 
7月9日に公開された中国映画『唐人街探偵-東京MISSION-』を見てきました。とても面白かったです。チン・フォン(演:劉昊然)と叔父のタン・レン(演:王宝強)の凸凹探偵コンビが世界中の中華街で難事件を解決する人気シリーズの第3作目。
 
今回は舞台が東京。妻夫木聡や長澤まさみ、浅野忠信、染谷将太など日本のスター俳優に加え、『マッハ!!!!!!!!』でブレイクしたタイのトニー・ジャーまで出演。始めから終わりまではハイテンションなアクションとストーリーが続く、誰もが楽しめる娯楽作品です。

かつてアジア映画はとにかくマイナーだった

それにしても香港映画ではなく、中国本土の映画が日本全国規模のスクリーン展開とはね。いやあ、信じられませんよ。ずいぶん時代も変わりましたね。
 
私が学生時代の頃はアジア関連の情報がほぼ皆無でした。「韓流」というジャンルはまだ存在しておらず、せいぜいジャッキー・チェンのカンフー映画ぐらい。そんな時代に公開されていた中国映画といえば、『さらば、わが愛/覇王別姫』(1993年)や『哀戀花火』(1994年)などのように文学的な要素が強いものがほとんどで、岩波ホールや日比谷シャンテなどの単館ミニシアターがお決まりでした。
 
中華スターが集合して日本を舞台にした映画といえば、『東京攻略』(2000年)があります。仲村トオルや阿部寛など日本のスター俳優も多数出演していましたが、日本では全く話題になりませんでした。
 
そういう時代を知っていますからね。中国映画が全国公開されていたり、妻夫木聡や長澤まさみといったスター俳優が出演していたりする状況は信じられないわけです。同時にとても嬉しく思います。

中国語学習者は字幕版がオススメ

ちなみに全国展開の本作ですが、ほとんどが吹替版で上映されています。中国語版(日本語字幕)は劇場がかなり限られており、都内でもTOHOシネマの新宿、池袋、六本木の3館のみです。でも、せっかく妻夫木聡ほか日本人キャストが中国語で熱演しているのですから、多くの人に中国語版(日本語字幕)も見てほしいです。とくに中国語学習者は必見です!!

加えて、アフターコロナにおいて『唐人街探偵 東京MISSION』のロケ地を巡りたいと考えている中国の映画ファンは多いと思います。何年経っても「SLAM DUNKの踏切」を見ようと鎌倉まで行く人も多いぐらいなので、必ずやって来るでしょう。
 
そして日本政府(内閣府、観光庁など)も中国ファンの訪日による経済効果を期待しており、すでにロケ地マップ(日中英3か国語)を制作しています。ジャパン・フィルムコミッションのサイトにPDFが公開されているので、ダウンロードしておきましょう。私たち中国語通訳ガイドや、インバウンド関係者には強力なツールになります。

最後にトリビア

本作に出演している劉昊然と染谷将太は、他にも同じ映画に出ていたことがあります。それが『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』(2018年)。二人が一緒に登場するシーンはありませんが、どちらも重要な役どころ。染谷将太は主役の空海を演じ、ほぼ全部が中国語のセリフという大役を務めました。

関連記事

映画・ドラマレビュー一覧
中華明星一覧

【映画パンフレット】唐人街探偵 東京MISSION 監督 チェン・スーチェン 出演 ワン・バオチャン、リウ・ハオラン、妻夫木聡、トニー・ジャー、長澤まさみ、染谷将太

新品価格
¥1,500から
(2021/7/22 10:02時点)

エジプト人とLINEでやり取り


 
先月エジプト人の仕事仲間(日本語ガイド)からLINEをもらいました。コロナ禍で往来ができなくなり、心配してメッセージをくれたのです。それにしてもSNSの発達って、本当に凄いなーと思いました。かつて、国際郵便なら数週間、電報でも数日かかりました。電話やFAXを使えば即日で連絡できますが、バカ高い料金がかかりました。それがSNSなら一瞬で届き、ほぼ無料です。凄まじい進歩じゃないですか!!
 
コロナ禍でしばらく海外出張・旅行はできませんが、こうやって連絡とれるのは幸いです。
相手は日本語でメッセージをくれましたので、お返しに私はアラビア語で「アッサラーム・アレイコム」(こんにちは)と書いて送りました。
 
くねくねしたアラビア文字は読むことも書くこともできません。それでもGoogle翻訳を使ってコピペしたので、送ることができるのです。これも驚異的な技術の進化ですよね!
 
ちなみにこのビジネスパートナーは、アラブ圏の最高学府であるカイロ大学の卒業生です。カイロ大学と言えば、小池百合子東京都知事も卒業生です。小池都知事は昨今、このカイロ大学卒業についての学歴詐称問題で揺れていますが、当のエジプト人たちからはかなりの人気を得ています。そもそも非アラブ圏からの留学生が貴重ですし、その卒業生が母国で要職に就いていることに誇りを感じていると述べていました。

関連記事

企業・大学別記事一覧