日本文化 親子丼

日本文化 親子丼母子盖饭[1]是把鸡肉、葱等在汤汁里煮好后加鸡蛋汁,最后盛[2]大碗[3]米饭上。因用鸡肉和鸡蛋而被命名[4]
在日本,明治时代中期出现,现在是有代表性[5]的家常菜之一。

新浪博客版

1 母子盖饭 mǔzǐ gàifàn 親子丼
2 盛 shèng 盛り付ける
3 大碗 dàwǎn どんぶり
4 命名 mìngmíng 命名する
5 代表性 dàibiǎo xìng 代表的な

日本語訳

親子丼は、鶏肉、ネギなどを出し汁などで煮て、溶き卵でとじて、どんぶりご飯の上にかけたものです。鶏肉と卵を使うために「親子丼」の名前が付けられています。
日本では、明治の中頃に登場し、現在は代表的な家庭料理のひとつになっています。

関連記事

日本文化一覧
日本史 年代別記事一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA