月刊誌『LI -エルアイ-』、茨城で創刊!!

月刊誌『LI -エルアイ-』、茨城で創刊!!

 
アフターコロナをにらみ、実は水面下で色々とやっておりまして、
そのひとつ、編集や中国ニュースの執筆で携わっている
月刊誌『LI -エルアイ-』が茨城県で創刊されました。

「茨城と中国」がテーマの情報誌で、主に県内の経営者、自治体、大学に配布されています。

ニッチな内容ではありますが、「地元ではきっと大きなニーズがあるはずだ!」という想いと確信の下、
株式会社LEIDEAS(レイディアス)の中国人社長・黄磊(こうらい)さんが中心的に働きかけて、創刊が実現しました。

黄磊社長は来日17年、茨城県水戸市に住んで13年目。故郷である遼寧省(Liaoning)と第二の故郷である茨城県(Ibaraki)の頭文字から、
『LI -エルアイ-』と名付けました。

デザインを担当するのは、依頼されたものは何でも作ってしまう一騎当千、「茨城の趙雲」、Design Production Quite(クワイト)です。

現在、WEB版『LI -エルアイ-』も制作中なので、今後は茨城県外の人も読めるようになります。ぜひご注目ください!

関連記事

茨城県 記事一覧