日本文化 落語

日本文化 落語shinoharu落语是产生于江户时代的一种日本的传统表演艺术。落语家讲述一个漫长和复杂的滑稽故事、风俗人情、离奇古怪故事。演出时,落语家坐在棉垫子上,巧妙地利用折扇和手巾这两种小道具,最后抖开一个包袱结束。与中国传统的相声有类似之处,不过落语演出通常是只有一人。所以也被称为单口相声。

対了,我介绍有一个特色的落语家、立川志之春。他在美国生活很长而擅长英语,现在努力进行“英语落语”。听他的“英语落语”后,喜欢落语的别的国家的人越来越多。

新浪博客版

日本語訳

落語は江戸時代に始まった日本の伝統的な話芸の一種です。落語家は長くて複雑な滑稽話・人情噺・怪談噺などを表現します。演出時は座布団の上に座り、扇子と手ぬぐいの二つを小道具としてを巧みに使って話を進めていきます。そして、最後は「落ち」をつけて終わらせます。中国の伝統的な漫才「相声」に似ているところがありますが、落語は通常一人で行います。そのため、中国語では「単口相声」と呼ぶこともあります。

おぉそうだ。ひとり特色のある落語家、立川志の春をご紹介しましょう。彼はアメリカでの生活が長く、英語も堪能。現在「英語落語」に取り組んでいます。彼の「英語落語」を聞いたことで、落語が好きになる外国人も増えているんですよ。

英訳

Rakugo which has started from Edo period is a form of Japanese verbal entertainment. The lone storyteller (rakugoka) sits on stage, called Kōza. Using only a folding fan (sensu) and a small cloth (tenugui) as props, and without standing up from the seiza sitting position, the rakugoka depicts a long and complicated comical story. The story always involves the dialogue of two or more characters, the difference between the characters depicted only through change in pitch, tone, and a slight turn of the head.

Oh yeah, I introduce a distinctive rakugoka, Shinoharu Tatekawa. Because he lived in the United States for a long time, he is good at speaking English. Now, He has challenged Rakugo performance in English. Many foreigners who heard his rakugo in English has begun to enjoy The Rakugo.
by blogger

外部リンク

立川志の春 公式WEB
立川志の春「現代ビジネス」紹介記事
日本外国特派員協会 - 2015年6月4日、英語落語会開催

関連記事

日本文化一覧

誰でも笑える英語落語: Rakugo in English

新品価格
¥1,296から
(2015/6/5 11:25時点)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA