家族の成長記録をプログラミングで作ってみよう!

2020年4月から、プログラミング教育が小学校で必修になりました。難しそうに感じるプログラミングですが、身近なものがテーマだと理解も早いです

例えば、「家族の成長記録」をHTMLとJavaScriptで使ってみませんか。想い出の写真を載せ、文章を入れて、音楽を加えて準備OK。それらが動き出したとき、とても感動しますよ!

以下のPDF書籍には、他にも様々なプログラミング事例を載せています。ご興味ある方は、ぜひお買い求め下さい。

◆開発者の個人ブログ「ものづくり筆耕」

「ポップ体」がむしろカッコイイ時代が来るか!?

多くの人にとってはどうでもいいことと思いますが、個人的にはとっても気になっていたことがありました。それは、「まいばすけっと」というイオンが運営するスーパーのロゴについてです。

まるで素人が町内会のチラシを作ったときのようなロゴ。それもそのはず、Windowsに通常入っている『創英角ポップ体』を使っているんです。

Σ(゚Д゚;あっ、ありえない!

プロのデザイナーがロゴを作ろうとしたら、高額な有料フォントを購入して、シャレオツでビビットで、エクセレントなものを作るはず。もしも『創英角ポップ体』で作ろうものなら、「お前、正気かっ!?」と言われてしまうはず。それほど身近で、悪く言うと素人っぽいフォントなのです

なぜ、こんなことを?フォント代をけちってパートのお母さんにでも頼んだんでしょうか?それこれそあり得ない。イオンは売上高では国内第一位(2017年度:8兆2100億円、セブン&アイの1.5倍)なのだから

やはり、そこにあるのは戦略ですよね。
皆が皆カッコよくてシャレオツなものを作っている昨今、それらはどんどん埋没しているのが現実です。

そんな中、『創英角ポップ体』のロゴは、驚くほど目立ちます。そこまで計算してやっているわけですから、イオンってやはり凄い企業だと思います。まぁTOPVALUは相変わらず、不評だけどさ。

関連記事

イオンの電子マネー「WAON」の決算額が1兆円突破
企業・大学別記事一覧

イオンを創った女 ― 評伝 小嶋千鶴子

新品価格
¥1,728から
(2019/4/3 19:41時点)

音声認識AIの普及で、ポスト・スマートフォン時代が幕開け!

海外で爆発的な人気となっている「スマートスピーカー」が、年内中に国内でも相次いで販売されます。これはネット接続機能と音声アシスタントを搭載したもので、「AIスピーカー」とも呼ばれています。これがまた、とてつもないシロモノなのです。たかだかスピーカーの何がそんなに凄いのか、ピンと来ない人も多いと思いますが、それはスマートフォンの次に来る未来的なイノベーションなのです

スマートスピーカー、国内でも販売予定

今年、日本ではLINEの「Clova WAVE」、Amazonの「Amazon Echo」といったスマートスピーカーの販売が予定されています。ただ音声認識AIは、今に始まった技術ではありません。iPhoneに搭載されているsiriは、2011年にはすでに登場しています。検索する際にわざわざキーボードで入力しなくても、音声を聞いてAIが判断してくれるのですから、かなりラクな技術です。

とないえ、なぜここに来てスマートスピーカーが注目されているのか、それでもまだピンと来ないかもしれません。それはブームの火付け役であるAmazon Echoを見ればよくわかります

なんといっても、このスピーカーにはディスプレイやボタンが付いていません。一体どうやって操作するのでしょうか。実はすべて音声で操作するという、あまりに画期的なシステムを採っているのです

スイッチオン、オフ、チャンネル切り替えなど、すべて音声で行っています。それどころかレシピの検索、天気予報、時間なども質問すれば、返答してくれます。スマートフォンの次に来る技術と述べた理由が、ご理解いただけたでしょうか。

CLOVA WAVE

価格:2,980円
(2020/7/1 11:50時点)
感想(0件)

Echo (エコー) 第3世代 – スマートスピーカー with Alexa、サンドストーン

新品価格
¥11,980から
(2020/7/1 11:03時点)

Alexaの性能が飛躍的に向上した理由は?

Amazon Echoには、「Alexa(アレクサ)」と呼ばれる音声技術AIが搭載されています。この分野で先行していたAppleやGoogleを抜かすべく、AmazonはAlexaの性能向上に執念を燃やしました。

そのひとつが、音声を広範囲に拾う技術です。Amazon Echoにはなんと7個ものマイクが搭載されており、部屋にある音声を正確に拾うことができます。もし、まわりがガヤガヤしていても、6~7m先の音声まで正確に聞き取ってくれるほどです。

二つ目は、レスポンスの素早さです。それまでの技術では、レスポンスに数秒かかるのが普通でした。それをAmazonではディープラーニングを開発に取り入れ、1秒以内のレスポンスを実現させています

そして三つ目が、正しく認識する技術です。実際、スマホで音声アシスタントを使っていると、トンチンカンな検索ワードとして認識することがよくあります。そのため、あまり音声アシスタントを使っていないという人も多いかもしれません。しかし、Alexaではディープラーニングを搭載しているため、音声を正しく認識し、さらに使用者の好みや傾向に沿った形で検索結果を出すように設計されています。

IoTやスマートホームの主役に躍り出るAlexa

Amazon Echoが凄いことは理解できました。しかし、Amazonにとってスマートスピーカーは、ほんの入口に過ぎないのです。真の狙いは、IoTやスマートホームの主役に躍り出ることです。

実はAlexaは、すでに多くのサードパーティに採用されており、IoT機器の業界標準になりつつあります。例えば、Alexaを搭載した照明なら、「スイッチオン」と話せば電気が点きます。もはや、リモコンを操作する手間さえ省かれるのです。今後は、このボイスファーストのIoT機器が一気に普及するものと考えられます。

ライバル各社も黙っちゃいない

このAmazonの動きにライバル各社が黙っているはずありません。すでにGoogleは「Google Home」、Appleは「HomePod」、その他Microsoftの音声アシスタントCortanaを搭載した「Invoke」といったスマートスピーカーが相次いで発表されています。

【新品未開封品】Google Home グーグル スピーカー グーグル ホーム

価格:7,950円
(2020/7/1 11:51時点)
感想(17件)

【7/1(水) ポイント最大15倍&最大2000円クーポン】Apple HomePod MQHW2J/A [スペースグレイ] アップル Bluetooth スマートスピーカー 単体 新品

価格:37,980円
(2020/7/1 11:53時点)
感想(0件)

当然、彼らもスピーカーを作って終わりにしようとは、まったく考えていません。自社の音声認識AIを他社にも使ってもらって、IoTやスマートホームの覇権を握ろうというのが本当のビジョンです。

これだけ競争が激化すると、技術革新のスピードも向上します。もしかしたら、私たちが思っている以上に早く、ボイスファーストのライフスタイルが到来するかもしれません

超便利な「自転車シェアリング」

最近、都心で見かけるこの赤い小型自転車。これ、レンタサイクルの進化版である「自転車シェアリング」ってやつなんです。超便利!!

現在、千代田区、中央区、港区、江東区の4区で広域実験中なんですが、何が便利って、この4区内なら乗り捨てができるってこと。例えば、秋葉原(千代田区)で借りた自転車を虎ノ門(港区)に乗り捨てすることができます。地下鉄が微妙に通ってない地域だったり、都内の周遊観光に持ってこいです。

これを実現しているのがNTTドコモのIoT技術(外部リンク)なんですね。ドコモは最近、電話以外の事業を積極的に展開しています。借りるときも返すときも、スマホで手続き可。人は一切いません。自転車の利用が進めば、エコにもなります。この分野では、デンマーク、とくに首都コペンハーゲンが世界で最も進んでいます。

便利で環境にいい一方、機械やロボットが人に取って代わっているリアルが、すでに目の前にあります・・・。

関連記事

企業・大学別記事一覧

IoTの基本・仕組み・重要事項が全部わかる教科書

新品価格
¥2,484から
(2019/4/15 16:14時点)

IBM主催の「FinTech Meetup」を取材しました

昨日は、渋谷で行われたIBM主催の「FinTech Meetup」を取材しました。
FinTech-Meetup

FinTech(フィンテック)という言葉はこれからポピュラーになるでしょう。「Financial」(金融)と「Technology」(技術)を合わせた造語で、ITを組み合わせた新しい金融サービスのことです。IBMが基盤を作り、そこにベンチャーや地方企業が参画する、そんな潮流を目指していることがわかりました。

FinTech入門

新品価格
¥1,728から
(2016/5/3 10:38時点)