4コマ漫画の登場

4コマ漫画の登場sazaesan于19世纪后期(明治時代初期)西方的四格漫画[1]流入日本,而越来越多。于20世纪初期(大正時代)引发了“四格漫画热”,大部分的报纸上开始连载四格漫画。

于1946年长谷川町子的《海螺小姐》[2]开始而受了欢迎,成了代表日本的四格漫画。四格漫画现在也有人气,大部分的报纸和杂志上连载。
新浪博客版

1 四格漫画 sìgé mànhuà 4コマ漫画
2 《海螺小姐》 Hǎiluó xiǎojie 『サザエさん』

日本語訳

19世紀後半(明治時代初期)から西洋の4コマ漫画が日本に紹介され、次第に増えていきます。大正時代には4コマ漫画ブームが起こり、どの新聞も4コマ漫画を掲載するようになります。

1946年に始まった長谷川町子の『サザエさん』は大ヒットし、日本を代表する4コマ漫画になりました。4コマ漫画は今も人気があり、ほとんどの新聞、雑誌に連載されています。

関連記事

日本マンガの歴史
マンガレビュー一覧
日本史 年代別記事一覧

サザエさん 全45巻 完結コミックセット (朝日文庫)

新品価格
¥24,300から
(2015/5/25 19:41時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA