シャオミ、ただいま爆進中!!

シャオミ、ただいま爆進中!!Xiaomi_M1現在、中国で凄まじい勢いで伸びているスマホメーカーがあります。それがシャオミ(小米科技)です。日本での知名度はまだ低いですが、マンガのようなレベルで爆進中で、近いうちに世界を席巻するんじゃないでしょうかね~。

スマートフォンは中国語で「智能手机」(ジーノン・ショウチー)と呼びます。“多機能携帯電話”という意味です。2013年の中国スマートフォン出荷台数を見ると、第1位はサムスンでシェア19%。第2位は中国最大のPCメーカーであるレノボ(聯想集団)で11.8%。第3位はクールパッド(酷派)、第4位はファーウェイ・テクノロジー(華為技術)、第5位はZTE(中興通訊)。第6位にiPhoneのアップルが来ます。iPhone 5sの販売価格は5288元(約8万7000円)と中国ではかなり高価です。

そして第7位に位置するのがシャオミ(小米科技)です。この会社、創業したのが2010年ですよ! 創業3年で中国アップルに迫って、さらには抜こうとしているんですよ!!

なぜ、こんなに急成長しているかというと、スマホの価格がとにかく安いんです。最近699元(約1万1500円)のモデルを販売し、凄まじい勢いで売れています。なにせiPhoneの1/8の価格。店頭ではまず買えない状況になっており、予約も驚異的な数になっています。
今は技術革新が進み、ベンチャーでもスマホのような高性能製品を作ることができてしまう時代なんですよね。「高性能」が日本のお家芸であった時代が、過去のものになりつつあるのが実感できます。

xiaomi02加えてシャオミの強さを物語るのが、“劇場型”と言われるマーケティング戦略。写真左は創業者でCEOの雷軍。そして並んでいるのは香港スターのアンディ・ラウ(劉徳華)。こんなスターを呼んでファン感謝イベントを開催したり、微博などのSNSを使って情報を拡散したりとあらゆることを行っているのです。今やシャオミは「中国のApple」、雷軍は「中国のジョブズ」と呼ばれ、大きな注目を集めています。

実は多くの中国大手企業が日本に進出している

日本で流れる中国のニュースは、バッドなもの(尖閣問題、PM2.5、テロ、政府幹部の汚職など)がほとんどです。それ以外のニュースがほぼ皆無なので、一般の人はほとんど気付いていないと思いますが、実は多くの中国大手企業が日本に進出しています

パソコンメーカーのレノボ(聯想集団)、家電メーカーのハイアール(海爾集団)。スマホメーカーのファーウェイ(華為技術)、ZTE(中興通訊)。検索サイトの百度。システムインテグレータの方正。Ofiiceとの互換性で急伸しているキングソフト(金山軟件)。ちなみに、シャオミの雷軍CEOはキングソフトの出身です。

買収によって中国企業の傘下になった日本企業も増えてきました。代表的なのはラオックス、レナウン。台湾にまで範囲を広げれば、東京スター銀行もそうです。

日本に留学してきた中国人が起業して、一部上場にまで成長した企業まであります。ソフトブレーン、イーピーエスです。

ほとんどの日本人にとって「中国=粗悪品」というイメージでしょうが、このような側面も知っておいて損はないと思います

関連記事

企業・大学別記事一覧
中華明星一覧

XIAOMI(小米科技) Mi2S 16GB SIMフリー 並行輸入品

新品価格
¥32,500から
(2014/9/10 11:56時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA