日本文化 打ち水

日本文化 打ち水打ち水は、庭先や玄関先などに水をまくこと。ホコリが起こるのを抑えたり、夏に水をまくと涼しくなります。日本では場を清める目的で、古くから打ち水が行われていました。

近年では、日本政府も地球温暖化対策の一環として打ち水を奨励しており、浴衣を着て打ち水をするイベントが各地で開催されています。

英訳

Uchimizu refers to the sprinkling of water in Japanese gardens and streets. In streets in summer, it serves to cool the immediate area, keep down dust and also please neighbors. In Japan, uchimizu had been done to purify the place from ancient times.

In recent years, the Japanese government has also encouraged the uchimizu to reduce global warming. Uchimizu ceremonies have increased in which people wearing yukata sprinkle water in Japanese traditional style.
by blogger

中国語訳

“打ち水”即洒水[1]。在庭前、门前泼上一些水,免得起灰尘[2],在夏天洒水能取凉。在日本自古为了洗净场所,有洒水的习惯。

近年因减轻地球温室效应[3]而日本政府奖励洒水。穿浴衣洒水,这样活动在各地越来越多。
新浪博客版

1 洒水 sǎ shuǐ 水を撒く、打ち水
2 灰尘 huīchén ホコリ 
3 地球温室效应 dìqiú wēnshì xiàoyìng 地球温暖化

関連記事

日本文化一覧

打ち水大作戦のデザイン

新品価格
¥1,620から
(2015/7/24 12:04時点)

2 Replies to “日本文化 打ち水”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA