タオバオがドラえもんをイメージキャラクターに起用!

タオバオがドラえもんをイメージキャラクターに起用!2014年に史上最高額でニューヨーク証券取引所にIPOを果たしたアリババ・グループ。それまでこの中国企業の名を知らなかった人にも、巨大なインパクトを与えました。そのアリババの成長を支えているサービスが淘宝网(タオバオ)。中国最大のECモールです。商品8億点以上、会員数5億人以上、アクセス数世界トップ20以内。中国ではAmazonがかすんでしまうほどの規模と影響力を持っています。

その淘宝网(タオバオ)が、7月13日にドラえもんをイメージキャラクターに起用したことが発表されました。『ドラえもん』は中国どころか世界的に有名です。キャラクターとしての効果は絶大でしょう。

「版権とか大丈夫なの?」と思う人も多いでしょうが、そこはアリババ・グループも世界企業でして。中国大陸における『ドラえもん』の著作権総代理である艾影(上海)商貿有限公司とブランド協力協定を結んでいるので、没問題(メイウェンティー)です!

taobaooffice

写真は、多くのセキュリティスタッフに警護されながら、タオバオオフィスを見学しているドラえもん。こうした大掛かりなキャンペーンをバンバンやっているのが、現在の中国企業なんです。その当たり、日本のメディアからは伝わってきませんよね。

「中国は遅れた国、中国企業のサービスは安かろう悪かろう」と思っている日本人がほとんどでしょう。危険ですよね~、そうした考えって。改めて、そう感じたニュースでした。

関連記事

日本サブカルチャー一覧
企業・大学別記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA