「『地方』から見た中国経済 第5回」地方空港活況、次の一手大事

160223_nikkanko日刊工業新聞の金融面で担当させていただいている「『地方』から見た中国経済」(毎週火曜日、全8回)。本日、第5回目が掲載されました。記事の写真をクリックすると拡大します。

今回から、日本の地方から中国経済を眺める「日本編」のスタートです。日本ではあまり注目されない「中国経済」という内容に加えて、さらに「地方」とはっ!!どんだけマイノリティなんだよって話です。う~ん、でも今の中国はGDP世界第2位の国なんですけどね~。日本では、中国はまだ人民帽かぶってパンダとカンフーしているイメージなんですかね?

アツイぜ、地方空港!!

今回のテーマは地方空港です。赤字を垂れ流しているイメージの強い地方空港ですが、中国人観光客のおかげで一部の地方空港は盛り上がっています。さらにその盛況ぶりが県内観光に結びついているかどうかについて、静岡空港と茨城空港の二つの例を考察してみました。

現在の静岡空港はなんだかカオスのように盛り上がっています。そこで乗り降りしている中国人観光客は、しっかり静岡県内を観光して宿泊しており、立派に県内経済を潤しています。

一方、我らが茨城空港は上海便の搭乗率が9割以上と絶好調なのですが、残念、茨城県を素通りして東京に向かってしまいます。オーマイガッ!! 最近はひたち海浜公園のネモフィラなどを目当てに観光する人も増えていますが、それでもまだまだですよね。
 ・茨城空港発→現在も大発展中の上海行き

えっ!? 朱舜水をご存じない?

何か、中国人受けするような観光ルートを開発したらどうかと思い、記事に「朱舜水ネタ」を放り込んでおきました。えっ!?朱舜水って誰かって? 朱舜水を知らなくてもこのエピソードは誰でも知っているでしょう。

「日本で初めてラーメンを食べたのは、水戸黄門(徳川光圀)」

あれです。あのエピソードは超有名なのに、肝心の光圀公に中華麺を献上した人物がどうでもいい存在になっています。残念。それこそが朱舜水なのです。詳しくはこちらの記事も見てね。
 ・水戸黄門と朱舜水(※2012年現在)

外部リンク

「地方」から見た中国経済 日刊工業新聞電子版(※要登録、無料)
「地方空港」から見た中国経済。静岡と茨城の差は何だ!(ニュースイッチ)

関連記事

日刊工業新聞 金融面「『地方』から見た中国経済」
現地編
第1回 成長続ける地方都市に注目
第2回 地方振興策で格差是正進む
第3回 「2、3級都市」、進出の狙い目
第4回 環境問題解決、日本勢に期待
日本編
第5回 地方空港活況、次の一手大事
第6回 ホテル不足解決し商機に
第7回 一歩先の外国人視点の誘客を
第8回 中国企業の買収策、地方も注視

日刊工業新聞 金融面「転換期迎える中国経済」

茨城空港発→現在も大発展中の上海行き

ibaraki-airportいやあ~茨城空港って便利だな~。東京駅―茨城空港間、片道500円でバスに乗れちゃうんですよ要予約、飛行機を利用しない人は1,000円)!!ワンコインかよっ!!

駐車場だって、何日止めても無料!!しかも、7月18日までキャンペーン実施中。国内線を使って茨城空港に到着した人には、茨城空港ターミナルビルと「空のえき そ・ら・ら」の店舗で使える共通利用券3,000円分がもらえちゃうんだって!!こりゃ茨城空港を利用するしかないね!!

って、ステマっぽい書き方しちゃいましたが、結論言いますと、かなりお得で便利な空港です。ぜひご利用くださいね。

とてもリーズナブルな春秋航空

茨城県日中友好協会の今回の訪中は、北京で開催される「日中友好交流大会」に出席することが大きな目的でしたが、地元の茨城空港を利用しその便利さを伝えることも大切な仕事。ということで、茨城空港→上海→北京→上海→茨城空港と、大陸沿海部をぐるっとする旅程になったのです。

spring-airline

茨城空港からは春秋航空が上海便を飛ばしています。平日で運が良ければ5,000円で上海に行くことができます。国内の新幹線より安く、海外に行けるってどういうこと!? LCCの先駆者的存在として、成長を続けている理由がわかります。

LCCなのでコストカットを徹底していますが、機内はちょっと狭く感じる程度。食事などはすべて有料。簡素ですが、上海まで3時間の旅においては気にならないでしょう。

上海、今も鋭意発展中!!

さて、上海に着きました。今回、観光の時間はほとんどなし。それでも街で撮りまくった写真で、現在も大発展を続けている上海を無理やりレポートしてみます。

shanghai01

左のタワーは上海のシンボルである「東方明珠電視塔」(高さ467.9m、wiki)です。

写真右から2番目に高い栓抜きみたいな形をしたビルは、「上海環球金融中心」(高さ492m、wiki)。現在、中国一高いビルです。森ビルが作ったこともあり、上海ヒルズと呼ぶ人もいます。

では、その上海ヒルズを遥かに凌ぐ、写真右の超超超高層ビルは何!? うねった特徴的なデザインのこちらは「上海中心」(完成後の高さ632m、wiki)。うねりは龍が天空に舞う姿をイメージしたそうです。これらの超高層建築物は、まさにエネルギッシュに成長する上海、そして中国を象徴しているといえます。

上海といえば豫園、そして小籠包

上海といえば「豫園」(よえん、wiki)と言われるほど、定番の観光スポット。超高層ビルが立ち並ぶ上海において、明代の状態を残した心落ち着く庭園です。そこに隣接しているのが「豫園商城」(wiki)。こちらは観光客でごった返しており、いかにも中国らしいところです。
shanghai02

レストランやお土産屋が集中しており、宝石、医薬品、食品などなんでも売っています。上海名物の小籠包も、100年以上前からこの地域で育まれてきました。ただ、豫園商城にはパワフルにしつこい物売り、スリも多いので、単独では歩かない方がいいでしょう。あとドローンが観光客の至近距離を飛んでいて、危ないと感じました。

上海観光は周遊バスが便利

shanghai03この豫園を含めて、上海の主要観光スポットを巡る2階建て周遊バスがあります。これかなり便利ですよ!

30元で1日券カードが買え、これがあれば周遊コース内で自由に乗り降りできます。また、座席にはイヤホンがあり、7か国語の音声ガイドで観光スポットの歴史などを解説してくれます。ちなみに、このバスも春秋航空の関連会社が運営。春秋航空は勢いありますね。

上海一の繁華街である「南京路」(wiki)。平日なのに凄まじい人!
shanghai04

shanghai05この当たりは西洋風建築が立ち並んでいます。19世紀、欧米列強の共同租界として発展したからなんですね。

右はイギリス式建築物の上海美術館(wiki)。租界時代は競馬場のクラブハウスでした。

下は租界時代の洋風建築が立ち並ぶ「外灘」(ワイタン、wiki)。夜景の美しさは世界屈指ですよ!
shanghai06

外灘には、旧ジャーディン・マセソン商会ビルもあります。ここには幕末、長州ファイブ(長州五傑:井上馨、遠藤謹助、山尾庸三、伊藤博文、井上勝)も訪れました。
 ・長州ファイブをロンドンにいざなったジャーディン・マセソン商会

ゆるキャラもいる

shanghai07上海にもゆるキャラがいます。小籠包からデザインされた「PAOPAO」です。日本向けPRのために、上海市観光局によって2012年に制作されました。日本人が喜びそうなツボをしっかり研究しています。中国あなどれません!

shanghai08


もうひとつ紹介。町で見かけた防犯ポスター。かわいらしいキャラクターの警察官が「振り込め詐欺」への注意を呼びかけています。へ~中国も「振り込め詐欺」多いんだ?と思いました。
まぁ、いかにも多そうですよね。

また、親しみやすいキャラクターを使っているところにビックリ。中国の警察(公安)といえば威圧感があって、親しみとは対極のイメージだったんですが・・・。少なくとも私が留学していた15年前にこんなポスターはなかったな~。こうした告知手法は日本や台湾の影響ですかね?

上海―北京間を5時間で結ぶ新幹線

shanghai09上海から北京へ行くのに、初めて新幹線「和谐号」に乗りました。“和谐”(フーシェ)とは「調和」の意で、近年中国政府が強調している言葉です。発展重視でやってきてひずみが出てきているため、「発展より調和!」という流れなのです。

空港のように巨大な虹橋駅で乗車。時速300kmで走り続け、北京南駅まで5時間で着いてしまいます。早すぎ!!肝心の安全面ですが、かなり気を遣っている感じ。車内の宣伝用映像で、作業員たちが点検する様子をドキュメンタリー風に流していました。

以上で、上海レポート終了! まだ「中国は遅れている国」と思っている日本人も、結構います。一度、上海に行ってみるといいですよ。イメージしていたものがひっくり返ってしまうことでしょう。そのときは、もちろん茨城空港を使ってね!

関連記事

茨城県日中友好協会、北京の日中友好交流大会に出席!
歓迎日本 茨城県

『名探偵コナン』

conan《名侦探柯南》是日本的推理漫画,作者是青山刚昌。主角的工藤新一是一位非常有能的高中生侦探。有的搜查中他被黑暗组织袭击而灌下不明药物,后来身体就此缩小为孩子的模样。从此他化名为江户川柯南,而隐藏真正的身份。以后他一边解决各种各样的事件,一边继续追查黑暗组织。

漫画和动画都非常有人气。特别是在作者青山刚昌的出生地鸟取县非常受欢迎。比如说,鸟取机场有昵称为“鸟取沙丘柯南机场”。

新浪博客版

日本語訳

『名探偵コナン』は青山剛昌による推理マンガ。主人公の高校生探偵・工藤新一は、調査中に「黒の組織」と呼ばれる犯罪組織に襲撃され、実験的な毒薬によって子供に変身してしまいます。彼は江戸川コナンと名乗り、素性を隠します。そして、さまざまな事件を解決しながら、「黒の組織」の調査を続けるのでした。

マンガ、アニメとも大成功を収めています。とくに作者である青山剛昌の出身地・鳥取県では絶大な人気を誇っています。一例として、鳥取空港は「鳥取砂丘コナン空港」の愛称を付けられています。

英訳

“Case Closed”, known originally as Meitantei Conan(Detective Conan) is a Japanese detective manga series written and illustrated by Gosho Aoyama. Main character, Shinichi Kudo is a high school detective. During an investigation, he is attacked by a syndicate known as the “Black Organization”, and he is transformed into a child by an experimental poison. Kudo changes the name as Conan Edogawa who hides his identity. While he solves various cases, continues to investigate the Black Organization.

Both the original manga and the animation are very successful. Especially this manga has enormous popularity in Tottori Prefecture where the author, Gosho Aoyama was born. As an example, Tottori Airport has been nicknamed “Tottori Sakyu Conan Airport”.
by blogger

関連記事

日本文化一覧
マンガレビュー一覧

名探偵コナン 1~最新巻 [マーケットプレイス コミックセット]

新品価格
¥39,343から
(2015/4/27 04:20時点)

海外出張が多い人は「楽天プレミアムカード」がオススメ

買い物をすると楽天スーパーポイントが貯まるため、「楽天カード」を持っている人は多いと思います。このクレジットカードにも上位ランクのものがあるのですが、
海外出張が多い人はその「楽天プレミアムカード」にグレードアップすることをオススメします。年会費10,500円が発生しますが、全然元が取れてしまうでしょう。
なぜなら、「楽天プレミアムカード」の会員になれば、世界600ヵ所以上の空港ラウンジが利用できるようになるからです

一般的に空港ラウンジは航空会社などが運営していますが、JALもANAも海外の空港ではラウンジをほとんど置いていません。しかし、実は世界中の空港にラウンジを置いている組織があるのです。それが「プライオリティ・パス」です。
「プライオリティ・パス」の会員になれば、世界中の空港ラウンジを利用することができます。一番安いスタンダード会員は年会費が99ドル(約9,700円)ですが、ラウンジを利用するときに27ドル(約2,700円)かかります。一番高いプレステージ会員は年会費399ドル(約39,000円)ですが、ラウンジ利用料は無料になります。

そして、話は「楽天プレミアムカード」に戻ります。このカードはプライオリティ・パスと提携しているため、プライオリティ・パスの年会費が無料になります。つまり、年会費399ドル(約39,000円)がかからないで、世界中の空港ラウンジが使えるというわけです。

その他、海外旅行保険は5000万円分が付いています。また、荷物を自宅から空港へ宅配便で送り、空港のカウンターで受け取る「手荷物宅配サービス」も年2回無料で利用できます。海外出張が多い人にオススメな理由、「元が取れてしまう」理由がおわかりですね。


高松―上海間で春秋航空が就航

香川県といえば讃岐うどん。その讃岐うどんでさらに名物を作り出そうと「さぬきうどんバーガー」なるものがつくられたそうです。「B級グルメブーム」も行き着くところまで来てしまった感がありますね。
写真を見る限り、あまりおいしそうには見えないのですが、こればかりは食べてみないとわかりませんね。

さて、その香川県高松市と上海間で定期便が就航されることになりました。
航空会社は春秋航空。茨城空港から上海まで片道4000円という破格の料金を打ち出し、大きな話題になった格安航空会社(LCC)です。

就航日は3月27日で週4往復。茨城空港ではチャーター便でしたが、高松空港では春秋航空の念願が叶い定期便が就航されることになりました。

これまで香川県では中国人観光客誘致の動きは乏しく、当然中国語表記も町にはないし、中国語を話せる人材も少ないそうです。はじめはインフラ整備に時間がかかるのではないでしょうか。
ただ、上海からの観光客が増えれば経済効果も期待できると思います。

中国人にも讃岐うどんは人気のグルメとなるでしょうか。

関連記事

歓迎日本 香川県
讃岐うどん
日本文化 うどん