茨城県日中友好協会、北京の日中友好交流大会に出席!

zhongriyouhao20155月23日、北京・人民大会堂で「日中友好交流大会」が開催。二階俊博自民党総務会長・全国旅行業協会会長が3000人の訪中団を引き連れ、それを習近平国家主席が歓迎したというニュースが報道されましたね。実は私たちも、運に恵まれその会場にいました!!!

あの3000人は全国各地から集まった観光関係者、日中友好関係者たち。茨城県日中友好協会も12人で訪中団を結成し、人民大会堂に向かったのでした。写真のバックに映っている建物が人民大会堂です。天安門広場の西側に位置しており、毎年3月に全国人民代表大会(全人代)が行われています。
私自身、中国にはそこそこ関わってきましたが、人民大会堂で開催されるイベントに出席するのは、生まれて初めて。それだけに、この日を心待ちにしていました。

巨大なサプライズ!!

しかも、習近平国家主席が式典に出席するというじゃありませんかっっ!!! これは本当に巨大なサプライズでした!!! そもそも今回のイベントは、政治色の薄い民間交流行事。習近平国家主席が出席するタイプの行事ではありません。ところが現地に着いてみると、出席の知らせがあり、訪中団一同「本当ですかっ!?」とド肝を抜かれたのです。

zhongriyouhao2015-2

国家の最高指導者が出席することもあり、何重ものチェックを受けた後、人民大会堂の会場に着席。コンパクトデジカメは持ち込みOKでしたが、一眼レフはNGでした。3000人が一堂に会する光景はちょっとしたカオス。人多し!! 前方のステージに設置された巨大モニターには、中国各地の魅力を紹介する動画が流されていました。

習近平国家主席、二階氏が登場!!

そして、習近平国家主席(写真中央)、二階氏(写真左)が会場に登場!! コンデジで遠くからの撮影では、この画質が限界。高画質のシーンは新華社の報道がベストかも。こちらには重要談話の内容も日本語で載っているので、ぜひご覧下さい。
zhongriyouhao2015-3

談話は約10分間という異例の長さ。歴史問題へクギを刺すコメントは当然ありましたが、全体的には大きな歓迎の意を示されました。個人的には、遣唐使として中国に渡った阿倍仲麻呂と詩人の李白らの友情にも言及して、「2000年の歳月の中で『平和友好』は両国民の心の主流だ」と述べたことにジーンと来ましたね。

続いて、二階氏は「習近平国家主席の挨拶の意味を理解し、その実現、実行のために努力する。ともに日中友好のために力を尽くすことを誓う」と述べました。親中派議員として長く中国と関わって来た二階氏の成果が結実した瞬間でした。

さまざまな演出で訪中団を歓迎!!

今回の出来事、中国ではビッグニュースとして報道されました。翌24日の人民日報では1面を使った大きな記事になっていましたし、国営放送の中国中央電視台(CCTV)でも長い時間を割いて報道していました。日中関係が冷え込んで以降、中国では反日ニュースが多かったので、巨大な前進です。
そして、日本でも各メディアが報道。こちらも同様に、嫌中・反中ニュースもしくは無視がほとんどだったので、情勢の変化を肌で感じることができます。

さて、報道では指導者たちの談話で終わっていますが、その後、中国側がさまざまな演出で3000人の訪中団を歓迎してくれたのです! ここで一部をご紹介しますね。
中国と言えばやはり京劇。北京京劇院(写真左)が『梨園薈(梨園物語)』を演じました。写真右も中国の伝統演劇のひとつで、『変臉』(へんれん)と呼ばれるもの。仮面が一瞬で何度も変わっていく、不思議な演技で観客を魅了しました!
zhongriyouhao2015-4  zhongriyouhao2015-5

伝統芸能だけでなく、中国の現代芸能も披露。世界的なピアニストとして活躍している郎朗(ラン・ラン、wiki)が、『肖邦円舞曲(ショパン:華麗なる大円舞曲)』を演奏しました。写真右は甘粛省歌舞劇院と北京歌舞劇院による『絲路印象(シルクロード・ファンタジー)』。中国の歴史の厚みと、民族の多様性を感じました。
zhongriyouhao2015-6  zhongriyouhao2015-7

そして大団円を迎え、夢のようなひと時が終わりました。
zhongriyouhao2015-8ここまで来るには、日本と中国のさまざまな人々が裏方として奔走したことを忘れてはいけません。彼らの尽力によって、4月に安倍晋三首相と習近平国家主席による日中首脳会談が実現し、今回の出来事につながったんですね。

国が異なれば摩擦や対立が生まれるのは必然。それでも、国内だけでは解決できない課題を抱えているのは日本も中国も同じ。協力し合うことで道が開けることも多いのです。とくに政治的な対立とは無関係に続けられる民間交流、いわゆる「民民外交」は危機的な状況の中で、底力を発揮する場合があります。

私自身、運良く一生に一度あるかないかの体験をしました。この経験を活かして、これからもできることを淡々と続けていこうと思います。

関連記事

茨城空港発→現在も大発展中の上海行き
中国新指導部の顔触れ

「第12回ひたち国際文化まつり」が開催されました

10月25日(土)、「第12回ひたち国際文化まつり」が開催されました。茨城県日立市に住む外国人の生活ぶりを通して、国際化への理解を深めようというイベントです。私が所属している日立市日中友好協会も共催団体のひとつとして、毎年出展しています。私たちも飾り付けとかやりますが、中心になって動いているのは茨城大学工学部(日立市)に通っている中国人留学生たち。中国の文化や遊びなどを紹介しました。
hitachi-international12-01

今回のイベントを通して、茨城県日立市はもとより、大げさに言えば「これからの日本の国際化」というものを考えてみたいと思います

地方都市でもこれだけの外国人がいる

和室では茶道を紹介。日本人のお子さんから、アジア系、欧米系の外国人までいろんな国の方が体験していました。
hitachi-international12-02

hitachi-international12-03「国際屋台村」では、外国の料理を味わうことができました。これはミャンマーの鶏じゃがカレー「ジャッタースィーヴャン」。ミャンマーの留学生によると、普通に家庭で食べている料理だそうです。







アメリカから来たメリッサさんが、私たちのブースに遊びに来てくれました。中国の組みひもを体験中です。メリッサさんは流暢な日本語で、「宮崎馳監督の『千と千尋の神隠し』を見て、日本に興味を持ちました。あとPUFFYにめちゃくちゃハマりました」と話していました。市内の中学校で英語教師として働いています。
hitachi-international12-04

普段の生活では感じにくいのですが、このように一堂に会すると茨城県日立市のような地方都市ですらかなりの外国人が住んだり、留学に来ていたり、働いていることがわかります。ですから、大都市における外国人の数は相当なものだと想像できます。

下手でもいいから外国語を話す習慣が根付いてほしい!!

彼らはさまざまな理由で日本に来ているわけですが、基本は日本に興味があるから来ています。でも、まだまだ日本には彼らを「おもてなしする環境」が整っていません。「おもてなしする環境」というのは、何も豪華なハコモノであったり、整備されたWi-Fi網というわけではありません。むしろ、私たち日本人一人ひとりの心のありようを言っています

日本人は総じて勤勉です。電車に乗っていると、多くの人が何かしらの参考書・問題集を見て勉強しています。その中には英語の勉強している人もいるわけです。TOEICの点数を上げようとがんばっている人も多いでしょう。これ自体はとってもいいことです。

しかし仮に、道がわからずに困っている外国人が隣にいたらどうでしょう? おそらく、積極的に声をかける人はかなり少ないと思われます。どうしても日本人の根底には「私、そんなに英語が上手く話せないから・・・」という気持ちがあるんですね。日本人が勤勉なのは素晴らしいことですが、その勤勉すぎる性格が災いして、外国人から見れば冷淡に映り、さらには外国語の上達を妨げてしまっているんです

私は学生時代、他人の目線は無視して、中国語を口に出して発音して覚えていきました。周囲からはバカだと思われていましたし、「恥ずかしいから、辞めた方がいいよ!」とアドバイスしてくれる人もいました。しかし、外国語を口から発音せずに上達できるわけがありません。たとえTOEICで900点以上をマークしても、コミュニケーションできなければあまり意味がないのです。

「恥ずかしいから、辞めた方がいいよ!」という感覚が多数を占めている間は、日本の国際化は空虚なままです。そもそも、下手な外国語を話すことは決して恥ずかしいことではないのです。前述のメリッサさんのように、好きで好きでたまらなくて日本に来る人もいます。きっと彼女のような人が欲しているのは、上手に英語を話せる日本人よりも「宮崎アニメや、J-POPを語り合える友達」なんじゃないでしょうか

関連記事

「第13回ひたち国際文化まつり」盛大に開催!
「第12回ひたち国際文化まつり」が開催されました
「第11回ひたち国際文化まつり」が開催されました
その他、日立市日中友好協会関連

日立市日中友好協会「春節会」(2014)が開催されました!!

chunjie20142月2日(日)、「春節会2014」(主催:日立市日中友好協会、共催:中国人留学生会)が日立市民会館で開催されました。

この会が始まる前に遡りますが、朝にテレビを見ていたら、「ドイツで開かれている国際会議で、中国の傅瑩氏(外交問題の責任者)と岸田外務大臣が応酬」みたいなニュースがありました。この手のニュースは最近多いですね。海外に駐在している日本と中国の大使同士が応酬っていうもの。たしかに、日中関係は最悪という感じがします。

で、ああいったニュースを見ていたら、フツーの人なら「中国とは仲良くできない!」と思うでしょうね。事実、そういう人は増えているかもしれません。

chunjie2014-2ただ、個人的な考えでは、海外の友人はいた方が楽しいですよ!
彼らがくれるのは生の情報です。テレビやネットから得られる情報とは質が異なります。言葉の習得も早くなります。国益とかそういうのは、すいません頭が悪いんでわかりません。

そんな気持ちを持った状態で、春節祭を準備から過ごしました。中国人留学生たちと部屋の飾り付けをしたり、ギョーザを運んだり、受付したり・・・。彼らは若いのに、テキパキ働くんですよね。自分が彼らの年齢だった頃は、こういう動きはできなかったな~。もちろん日本語もうまいし、茨城大学で学位取得を目指して猛勉強をしています。

皆、いい人と感じました。だから、私も彼らから「いい日本人」と思ってもらいたい。そういう気持ちで働いていくし、生きていきたいです。

関連記事

日立市日中友好協会「春節祭」
その他、日立市日中友好協会関連

日立市日中友好協会「春節会」(2014)のお知らせ

hitachi-chunjie2013-2日立市日中友好協会が主催、中国人留学生会が共催の「春節会2014」のお知らせです。

春節というのは、旧正月のこと。日本も明治維新の前までは旧暦で正月を祝っていました。中国では今も春節の方を重視しています。

社会に巣立ち、各地で勤めることになっても、この春節のときだけは家族みんなが集まるというのが、今も変わらない中国のスタイル

とはいえ、日本に留学に来ている学生は、簡単に実家に帰れない人もいます。そんな留学生たちが集まって、実家のようにいっしょにギョーザを食べましょうという会です。
そんな会も今回で17回目。中国が経済成長を遂げる前から行っています。

日本と中国の関係は政治的な理由によってコロコロと変わりやすいのですが、この会は今後も変わることなく続けていきたい、それが関係者たちの思いです

例年、100名ぐらいが集まります。誰でも参加できますので、「中国に興味がある」「中国人の友人を作りたい」という方も大歓迎ですよ。
私は準備(ギョーザ運んだり・・・)でバタバタしているので、何も「お・も・て・な・し」できませんけどね。

日時 2014年2月2日(日)16:00~(受付15:30~)
場所 日立市民会館 111号室 (茨城県日立市若葉町1-5-8)
会費 中国の方(社会人):500円、学生・子供:無料
    日本の方(社会人):2,000円、学生・子供:無料

関連記事

「ひたち国際文化まつり」に行ってきました
日立市日中友好協会BBQに行ってきました
日立市日中友好協会「春節会」(2013)に行ってきました
日立市日中友好協会「春節会」(2012)開催!!

「第11回ひたち国際文化まつり」が開催されました

11月17日、「第11回ひたち国際文化まつり」が開催されました。これは日立市内に住む外国人の文化をよりよく知ってもらうために始められたイベントです。
私も所属している日立市日中友好協会も共催しており、中国人留学生たちが主体となって中国の文化を発信しています。

日立市在住の外国人というと、やはり中国人が一番多いわけですが、実は韓国、インド、ベトナム、フィリピン、ネパール、タイ、カンボジア、ラオス、アメリカ、イギリスなど多種多様。茨城県北の地方都市でさえ、これだけいるわけですから、今の日本がどれだけグローバルかが伺えます。
とはいえ、そうした外国人たちと接点を持っている日本人は、極わずか。外国人が困ったことに直面しても、なかなか解決できないというのが現実です。だからこそ少しずつでも交流の機会を増やしていこう、このイベントにはそうした思いが込められています。

hitachi-international01日立市日中友好協会では、中国の文化が伺えるパネルを展示したり、中国茶を振舞ったり、中国の伝統的な玩具で遊んでもらったりしました。ご家族で遊びに来た人も多く、子供といっしょに遊ぶ中国人スタッフの姿がほほえましかったです。これが、森秀男会長が普段言っている民民外交(民間外交)というものなんだなとしみじみ思いました。


36jiさて、私個人の最大の収穫は、
「三十六計、逃げるに如かず」でした。なんのこっちゃ?と思うでしょう。実は、会場に左の竹簡風の土産品が置かれていたんですよ。
そこには「三十六計」という物々しいタイトルが。そして、中国人スタッフたちがいろんなことを教えてくれました。

「この竹簡には三十六の計略が書かれています。美人計・空城計・反間計・苦肉計・連環計・・・。これら聞いたことありませんか? 
そう『三国志』に出てくる計略ですよ」と。
たしかに苦肉の策とか今でも使いますね。男が美人計に弱いのはいつの時代でも同じか。

「これらの計略を以ってしても形勢が不利なときは、最後の切り札、それが走為上です」
あぁ、これが日本では「三十六計、逃げるに如かず」として有名になったんですね。
他の35の計略を差し置いて、逃げる計略が一番有名になった、それが日本のお国柄ってことですかねぇ。
話をしていて新しい発見がある。逆に日本のことを気付かせてくれる。それが海外の友人のありがたさだと感じました。

関連記事

「第13回ひたち国際文化まつり」盛大に開催!
「第12回ひたち国際文化まつり」が開催されました
「第11回ひたち国際文化まつり」が開催されました
その他、日立市日中友好協会関連

日立市日中友好協会BBQに行ってきました

bbq10月19日、私も所属している日立市日中友好協会のBBQに参加し、約40名の中国人留学生と交流してきました。日立市には茨城大学工学部があり、中国人留学生が100人以上通っています。また、日立製作所の工場や関連会社で働いている中国人も多くいます。

日本と中国。国家間の関係は良くなるどころか、むしろ悪くなっているのですが、まぁ私たち一般人はお肉でも食べて仲良くやりましょ~

一口に中国人留学生といっても、当然ながら年齢や出身地はバラバラ。社会人経験のある人が、キャリアを上げるために大学院に通っている人もいます。日本に留学に来ることができるわけですから、彼らの家の所得は平均より上だと思います。ただ、フェラーリを乗り回しているような極端な富裕層ではないでしょう。要するに、私たちとそれほど変わらないということです

日本で流れる中国のニュースというと、今では尖閣問題、PM2.5の環境問題、政治家の汚職などマイナスのものばかり。一方で、中国でも抗日ドラマや、日本のマイナスニュースを流しています。これで「仲良くやろうよ」といっても無理な話です

そこへ行くと、こういった友好交流は非常にわかりやすい。双方それぞれの文化に興味があるので、話も弾みます。私にとっても、若い中国人が何に関心があるのかを知る貴重な機会です。本当はね、こういった交流が、さらにもっと多くの人に拡大していくと状況は変わっていくと思うんですけどね。

一般的に日本人は外国語を勉強するのにとても熱心なんだけど、それを使って交流しようとなると急に術がわからなくなってしまいます。私も留学や仕事の経験がなかったら、同じくわからなかったと思います。だからこそ、こうやって発信するのが自分の役目なのかなと。

世界は海の向こうにだけあるのではなく、こんなに近くにもあるのです。
茨城県北の日立市でこれなら、いわんや東京をや。

関連記事

中国人留学生学友会主催のBBQにお呼ばれしました!
日立市日中友好協会BBQに行ってきました
その他、日立市日中友好協会関連