台湾・鴻海精密工業がシャープの筆頭株主に

台湾・鴻海精密工業がシャープの筆頭株主に電子機器の受託製造で世界最大手の台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業が、シャープの筆頭株主になりました
日本のメディアは歯切れが悪いですが、台湾企業の傘下入りしたと見れなくもないです。

別の会社のことですが、かつて三洋電気は中国・ハイアールと提携したことがありました。しかし、あの提携で成長したのはハイアールだけで、三洋といえばもう消滅状態です。

シャープもそんな風になってほしくないですが、タブレット機器の「ガラパゴス」とか、いろいろ失敗していますからね。

↓↓↓諸行無常の響きあり

関連記事

瀕死のシャープの分析
15年前のパソコン雑誌に驚愕!!
台湾大手銀行、東京スター銀行を買収する見通し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA