日本文化 節分

日本文化 節分「節分」は、立春の前日のことをいいます。現代の暦では2月3日です。

この日は豆を撒いて鬼を追い払う習慣があります。このときは大声で「鬼は外!福は内!」と言いながら、豆を撒きます。子供がいる家では、お父さんが鬼のお面をかぶって子供を追いかけ、子供は鬼に豆を撒いて追い出すという遊びを行います。

英訳

Setsubun is the name given to the eve of the first day of spring. In the modern calendar, it is on February 3.

On the day, in households across Japan, peoples throw roasted soybeans inside and outside the house while shouting “Demons out! Luck in! (Oni wa soto! Fuku wa uchi!)” And one parent puts on a oni mask to scare the kids. Kids throw beans at them to scare them away.
by blogger

中国語訳

“节分”一般指立春的前一天(现代阳历的2月3日),也叫做“撒豆节”。

这一天人们一般有撒豆[1]驱鬼[2]习惯[3]。这时人们大声说“福在内、鬼在外!”。有小孩的家,父亲戴鬼面具,让孩子们赶出去,做这样游戏。
新浪博客版

1 撒豆 sā dòu 豆を撒く
2 驱鬼 qū guǐ 鬼を払う
3 习惯 xíguàn 習慣

関連記事

日本文化一覧

なぜ、せつぶんに豆をまくの? (なぜ?どうして?たのしい行事 (せつぶん))

新品価格
¥1,836から
(2015/1/24 08:24時点)

リアル鬼

新品価格
¥4,312から
(2015/1/24 08:25時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA