『サムライチャンプルー』

『サムライチャンプルー』samurai-champloo

『サムライチャンプルー』は、2004年、マングローブおよび『カウボーイ・ビバップ』の渡辺信一郎監督によって制作された日本のテレビアニメ。両作品には、さまざまなジャンルをミックスしたり、BGMに現代のポップミュージックを採用したりと共通点があります。

舞台は江戸時代中期の日本。主人公の少女フウは、そんなある日、ふとしたことで二人の侍と知り合います。一人は豪放磊落な性格の琉球から来たムゲン。そしてもうひとりはストイックな剣士ジン。フウはこの二人を用心棒として、「向日葵の匂いのする侍」を探す旅に出ます。

英訳

Samurai Champloo is a 2004 Japanese anime series developed by Manglobe featuring director Shinichirō Watanabe who created Cowboy Bebop. Samurai Champloo has many similarities to Cowboy Bebop. Both series mix some genres, and utilize contemporary music.

The story is set in middle Edo period. It follows Mugen, a freedom-loving vagrant swordsman from Ryukyu Islands; Jin, a great swordsman and stoic rōnin; and Fuu, a brave girl who asks them to accompany her in her quest across Japan to find the “samurai who smells of sunflowers”.
by blogger

中国語訳

《琉球武士疯云录》是2004年Manglobe制作的电视动画,导演是《星际牛仔》制作的渡边信一郎。这两个作品有许多相似之处,混合了许多现代的元素,并利用现代音乐等。

故事背景是在日本的江户时代中期。女主角风在某次遇到了两位正在流浪的武士,一个是无幻,性格阳刚、爱自由的琉球出身的武士。还一个是仁,个性冷静、不多话的剑客。三人聚在一起,以寻找”有向日葵味道的武士”为由,展开了这一连串的旅程。
新浪博客版

関連記事

日本サブカルチャー一覧
マンガレビュー一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA