オンラインストレージは『Googleドライブ』がオススメ!

オンラインストレージは『Googleドライブ』がオススメ!クラウドにファイルをアップロードしておけば、外出時にノートパソコンで仕事の続きができます。今ではすでに当たり前の技術ですが、本当に便利です。こういったサービスがあればいいのにな~と20年ほど前にも思っていました。なにせファイルの同期は、かつては「大仕事」だったからです。うっかりすると、古いファイルの方に上書きされたりして、発狂しそうになったこともありました。それが今ではこんなに簡単に同期を実現させているのだから、技術の進歩は本当に早いです。

さて、クラウドによる作業を実現させるために欠かせないWEBサービスが、オンラインストレージです。現在、様々なオンラインストレージが登場しており、私は長くSugarSyncを愛用していました。困ることが何もない、とても満足のいくサービスでした。しかし、「5GB無料版が終了しますよ!」というメールがっ! まぁ無料で使わせてもらっていますからね。こういう仕様の変更は仕方がないです。でもこのとき、SugarSyncとおさらばする日が来たことを悟りました。そして、それに代わるオンラインストレージ探しが始まったのです。

Dropboxは使い勝手はいいが・・・

オンラインストレージの先駆者Dropbox。すでに多くのユーザーに利用されています。使い勝手もさすがの一言。ただ、難点は無料版が2GBということ。今の時代において2GBは、すぐにいっぱいになってしまいます。やむなくメイン用には使わないことにしました。

とても困ったことをしてくれるOneDrive

Microsoftが展開するOneDrive。無料でなんと15GB。「普通に使うのであれば」何も言うことありません。「普通に使うのであれば」ね。しかし私にとって、OneDriveはとても困った動作をしたため、メインを諦める結果になりました。OneDriveはMicrosoftのサービスだけあって、同社のWindowsやOfficeとの親和性バツグンです。しかしその結果、仕様を勝手に変えるという暴挙をするのです。例えば、WordやExcelファイルをわざと旧バージョン(doc、xlsファイル)で保存しているのに、クラウド先で勝手に新バージョン(docx、xlsx)に変換してしまうのです。
また、貼っていたハイパーリンクのアドレスを、「https://d.docs.live.net/●●●●●」と勝手に書き換えることまでします。何してくれんだよ、Microsoftさんよぉ~。ネットで検索してみると同様に憤っているユーザーがいることがわかりました。
「OneDrive に保存した Office ファイルでハイパーリンクが飛ばなくなった」
しかし、ユーザーの質問に対してMicrosoftは根本的な回答を発表していないため、解決しようがないので使用を断念しました。無料で15GBは魅力的だっただけに残念です。
Microsoftに限りませんが、「優れた技術」を盲信して展開している企業がかなりあります。まずはユーザーのために使ってこそ「優れた技術」と言えるのではないでしょうか。いずれにしてもOneDriveは、音声ファイルや画像ファイルのようにテキストの影響を受けにくいファイルを保存するのがオススメです。

やはりGoogleなのか

google_driveそして、辿りついた結論がGoogleドライブでした。全く問題ありません。ないどころか、同期の凄まじいスピードなど、「未来」を感じてしまうほどです。何なんでしょうか、Googleという会社は!? 容量は驚きの15GB。ただ、Gmailなど他のGoogleサービスと共用です。それでも大容量であることに変わりはありません。結局Google押しになってしまいますが、オンラインストレージは『Googleドライブ』がオススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA