「転換期迎える中国経済 第3回」新中間層に巨大な可能性

「転換期迎える中国経済 第3回」新中間層に巨大な可能性150428_nikkanko日刊工業新聞の金融面で担当させていただいている「転換期迎える中国経済」(毎週火曜日、全5回)。本日第3回目が掲載されました。

日本のメディアで中国人というと、フェラーリを乗り回すような「富裕層」か、その真逆の「貧困層」、あと犯罪者ぐらいしかニュースに出てきません。でも、一般的な生活水準の人々だって当然いるんですよね。しかも、その数なんと5億人!! 日本の総人口の約5倍です。とんでもない可能性を秘めていることは明らかです。そんなことをテーマにして書かせていただきました。




xiyangyangさて、記事の冒頭にある『喜羊羊と灰太狼』とは、社会現象を起こしているほど大人気の中国アニメです。YouTubeにも日本語字幕入りのものがアップされているので、一度見てみてください。子供向けですが、大人も楽しめますよ。日本ではほとんど知られていませんが、中国はアニメ産業においても存在感を示そうとフル回転しているのです。

関連記事

日刊工業新聞 金融面「転換期迎える中国経済」
第1回 企業規模より技術力に関心
第2回 中国人誘客で進む日本の国際化
第3回 新中間層に巨大な可能性
第4回 台頭する中国企業動向に商機
第5回 人治の国理解へ“感度”高めろ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA