日本文化 鏡開き

日本文化 鏡開き“鏡開き”是吃供神的年糕。正月时用糯米[1]做成像镜子的圆圆[2]供神[3]年糕[4]。新年后将[5]年糕用木槌[6]敲碎[7]。用切成小块的年糕做年糕汤[8]。由于忌讳[9]说切,因此不能用刀。
新浪博客版

1 糯米 nuòmǐ もち米
2 圆圆 yuányuán 丸い
3 供神 gòngshén 神にお供え
  「供奉神灵 gòngfèng shénlíng」の略
4 年糕 niángāo もち
5 将 jiāng 「~を」“把”に相当
6 木槌 mùchuí 木槌
7 敲碎 qiāosuì 叩きこわし
8 年糕汤 niángāo tāng お雑煮
9 忌讳 jìhui 忌みはばかる

日本語訳

正月のとき、もち米で鏡のような丸いお供え餅を作ります。新年が過ぎてからは木槌で餅を叩きこわし、(細かくなったもちを入れて)お雑煮を作ります。「切る」という動作を忌みはばかるため、包丁などを使いません。

英訳

“Kagamibiraki” is eating the offerings rice cake.
Japanese make the offerings rice cake(KagamiMochi) in New Year. Its shape is round like a mirror(kagami). After New Year, they breake hit the offerings rice cake with a mallet. And put breaked small rice cakes, make Zoni. Because cutting is taboo, doesn’t use a kitchen knife.
by blogger

関連記事

日本文化一覧

越後お鏡もち 切餅個装入5号176g(きりもち4個入り)

新品価格
¥886から
(2015/1/1 05:38時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA