『攻殻機動隊』

『攻殻機動隊』ghost-in-the-shell

『攻殻機動隊』は、士郎正宗による漫画作品。舞台は2030年前後、近未来の日本。この時代は科学技術が高度に発達し、人体の大部分を義手・義足に変えるサイボーグ化、人間の脳とコンピュータネットワークを直接接続するバイオネットワーク技術が実現していました。そして電脳化・義体化した犯罪者に対抗するため、「公安9課」(通称:攻殻機動隊)が組織されました。

主人公の草薙素子は公安9課のリーダーで、戦闘力は随一。メンバーたちからも信頼され、「少佐」と呼ばれています。本作品の独特な世界観は多くのSFファンを惹きつけました。また、『マトリックス』(1999年)など多くの作品に影響を与えました。

英訳

Ghost in the Shell is a Japanese media franchise originally written and illustrated by Masamune Shirow. It set in the fictional counter-cyberterrorist organization Public Security Section 9, led by protagonist Major Motoko Kusanagi, in the mid 21st century of Japan.

In this future society, computer technology has advanced to the point that many members of the public possess cyberbrains. And technology allows them to interface their biological brain with various networks. This can also be combined with various levels of prostheses, with a fully prosthetic body enabling a person to become a cyborg. This setting has had an impact on various SF such as The Matrix (1999).
by blogger

中国語訳

《攻壳机动队》是由日本漫画家士郎正宗创作的漫画及动画。故事的背景舞台设定在2030年代前后近未来的日本。当时进步的科技已可将人体的大部分替换为生化躯体,且透过埋藏在大脑中的线路,人类意识可以进入数位网络之中。此时出现了许多生化人与网络骇客的新型态犯罪事件,因此成立了“公安九课”(通称:攻壳机动队),以武力来直接打击犯罪。

女主角草薙素子是公安九课队长,搏斗战实力也是九课内最强,队员们都信赖她而且称呼她为“少校”。本作品独特的世界观吸引众多的科幻爱好者,并对后来的许多科幻作品,比如《黑客帝国》(1999年)等。
新浪博客版

関連記事

日本サブカルチャー一覧
マンガレビュー一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA