日本最古の漫画『鳥獣戯画』

日本最古の漫画『鳥獣戯画』Chouju在12世紀到13世紀(平安時代末期至鎌倉時代初期)的《鸟兽戏画》[1]常被称为“日本最古老的漫画”。将兔子、青蛙、猴子以拟人化[2]的方式描画,也讽刺当时的世态[3]

在日本漫画中,如《野狗小黑》《哆啦A梦》等将动物以拟人化的吉祥物很多。《鸟兽戏画》才正是起源的作品。
新浪博客版

1 《鸟兽戏画》 niǎoshòu xìhuà 『鳥獣戯画』
2 拟人化 nǐrén huà 擬人化
3 世态 shìtài 世相

日本語訳

12~13世紀(平安時代末期~鎌倉時代初期)の『鳥獣戯画』は、“日本最古の漫画”とされています。ウサギ・カエル・サルなどが擬人化して描かれ、当時の世相を風刺しています。

日本の漫画には、『のらくろ』や『ドラえもん』のように、動物が擬人化したキャラクターが多数いますが、『鳥獣戯画』はまさにそのルーツといえます。

関連記事

日本マンガの歴史
マンガレビュー一覧
日本史 年代別記事一覧

鳥獣戯画の謎 (別冊宝島 2302)

中古価格
¥1,440から
(2015/5/26 05:12時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA