オススメのレンサバ「エックスサーバー」

レンタルサーバーとして人気が高いエックスサーバー。なにせ競合のものと比べても、機能と安定感が圧倒的です。

まず、データベースのMySQLがなんと30個も利用できます。いくつもブログを運営しているパワーユーザーにはもってこいです。容量も100GBと巨大。しかも、過去7日分のデータのバックアップまでしてくれます。これだけ高機能で月額1,050円。投資コストとしては格安だと思います。

申し込み方法

エックスサーバーにアクセスした後、サイト上部にある「お申し込み」をクリック。その後、下段の「お申込みフォーム」をクリックします。2つありますが、どちらも同じです。利用規約が出てくるので同意して、一番上の「サーバーアカウント」の申し込みを選択します。

入力フォームが表示されるので、必要事項を入力。入力が終わったら「お申込み内容の確認」をクリックして、サーバ契約の申し込みを行います。サーバの設定が完了すると、「サーバアカウント設定完了のお知らせ」というメールが届きます。

エックスサーバーに独自ドメインを設定する

エックスサーバーの契約が済んだら、取得したドメインを設定します。エックスサーバーにアクセスし、「サーバーパネル」にログインします。

「ドメイン設定」をクリックし、次の画面で「ドメインの追加設定」をクリックします。ドメイン名を入力し、「ドメインの追加(確認)」をクリックします。以上でドメインの設定は完了です。

設定したドメインのDNS(ネームサーバー)がインターネット上に反映されるまで、数時間~2日ほどかかります。

エックスサーバーにWordPressをインストールする

いよいよWordPressをエックスサーバーにインストールします。サーバーパネルにログインし、「自動インストール」をクリックします。次の画面で「プログラムのインストール」をクリックします。

プログラムがいくつか出てきますので、WordPress日本語版の「インストール設定」をクリックします。

インストール先のURLを指定します。通常はドメイントップにインストールします。2つ目の空白であるディレクトリ名は空白にしてください。

「自動でデータベースを生成する」を選択すれば、MySQLの作成を自動で行ってくれます。最後に「インストール(確認)」をクリックします。URLが表示されるのでクリックします。

サイトの情報やユーザ名、パスワードを指定し、「WordPressをインストール」をクリックします。これでWordPressのインストール成功です。「ログイン」をクリックすると、WordPressのログイン画面が表示されます。前の画面で設定したユーザー名とパスワードを入力すれば、WordPressの管理画面にアクセスできます。

関連記事

とにかく使いやすいWordPress
WordPress導入前の基礎知識
独自ドメインの取得
・オススメのレンサバ ロリポップ!編  エックスサーバー編


オススメのレンサバ「ロリポップ!」

lolipopWordPressを使うためにはレンタルサーバーが必要ですが、初心者はロリポップ!がオススメ。

WordPressに必要なMySQLやPHPのことを知らなくても、「簡単インストール」という機能で、1分で利用できるようになります

ロリポップ!には、容量の多さでなどでプランがわかれます。一番安いのは「コロリポプラン」ですが、WordPressに必要なデータベースがついていません。そのため、ここでは以下3種類のプランを紹介します。※価格はすべて税抜価格

ロリポプラン
・月額250円~
・容量50GB
・マルチドメイン50個対応
・MySQL(データベース)1個利用可

チカッパプラン
・月額500円~
・容量120GB
・マルチドメイン100個対応
・MySQL(データベース)30個まで利用可

ビジネスプラン
・月額2,000円~
・容量400GB
・マルチドメイン無制限
・MySQL(データベース)100個まで利用可

初心者は「ロリポプラン」で十分

初心者は一番安い「ロリポプラン」でも十分すぎるほどの高機能です。容量50GBもあれば、使っても使っても空きがある状態でしょう。

マルチドメインとは、複数のドメイン(URL)に対応すること。これも「ロリポプラン」なら50個まで対応。初心者で50個のサイトを運営するとは考えにくいですから、迷わず「ロリポプラン」でOK。

複数サイトを運営する場合は、上位プランを要検討

オンラインショップとお店のブログなどを同時に展開する場合は、「チカッパプラン」にしてください。MySQL(データベース)が2個以上必要になってくるからです。

また、アクセス数が多かったり、24時間対応のショッピングサイトなどを運営している場合は、「ビジネスプラン」に変更した方がいいです。こちらは共用サーバーでなく専用サーバーなので、データ転送量が無制限だからです。

関連記事

とにかく使いやすいWordPress
WordPress導入前の基礎知識
独自ドメインの取得
・オススメのレンサバ ロリポップ!編  エックスサーバー編


独自ドメインの取得

muu-muuWordPressでサイトやブログを作ろうと思ったら、まず独自ドメイン(独自のURL)を取得する必要があります。

ドメインを取得するには、専用のサービス会社を利用します。オススメはムームードメインです。

料金が安いうえに、希望するドメイン名が取得できるかどうかを検索できます

ムームードメインのトップ画面には、ドメイン入力欄があります。ここに希望するドメインを入力します。例として、「shopping」と入力してみます。

検索結果が出ました。「shopping.com」だと年額480円とのこと。維持費はかなり安いです。

しかし、よく見ると「×」と書いてあります。そうなんです。ドメインは“早い者勝ち”のため、「.com」のように人気のあるドメインは、もう取得されてしまっていることが多いのです。

ですから、ドメイン名を変えてみたり、「.net」や「.jp」といった別種のものにするなどして決めてください。

「○」の場合は取得可能です。ボタンをクリックすれば、手続き画面になります。ドメイン料金をクレジットカードで決済すれば、その場で独自ドメインが取得できます。

関連記事

とにかく使いやすいWordPress
WordPress導入前の基礎知識
独自ドメインの取得
・オススメのレンサバ ロリポップ!編  エックスサーバー編


WordPress導入前の基礎知識

mysql_hosting「うん、WordPressは便利ということだな。では早速ダウンロードして使ってみよう」と思ってもちょっと待って。実は、パソコンにインストールしたらすぐ使えるというものではないんです。以下のものが必要になるからです。

1 MySQL(マイエスキューエル)
これはデータベースのプログラム。IT技術者でなければ、自力で構築するのは難しいでしょう。

2 独自ドメイン
独自URLのことです。無料ブログであれば、ブログ運営会社のURLが用意されていますが、自主サイトはこれの準備が必要です。

3 レンタルサーバー
無料ブログであれば、ブログ運営会社のサーバーに記事や画像を保存できますが、これに相当するサーバーを準備する必要があります。自前で構築するよりは、レンタルサーバーを契約した方が簡単です。

以上を読んだら、「何だ、難しそうじゃないか。私にはムリだよ」と思った人も多いかもしれません。ですが、ご安心ください。データベースのこともPHPのことも知らなくても、WordPressでブログを作っている人はたくさんいます。

関連記事

とにかく使いやすいWordPress
WordPress導入前の基礎知識
独自ドメインの取得
・オススメのレンサバ ロリポップ!編  エックスサーバー編

基礎からのMySQL 改訂版 (プログラマの種シリーズ SE必修! )

新品価格
¥3,218から
(2015/6/8 13:56時点)

とにかく使いやすいWordPress

wordpress_logo新しくWEBサイトやブログを立ち上げたいと考えている方には、「WordPress」(ワードプレス)をオススメします。とにかく使いやすいからです。

WordPressは、世界で最も普及しているオープンソースのWEB制作ツール。個人の利用者は元より、ディズニーやMicrosoftといった大企業も多数、WordPressを利用しています。

専門的なことを言うとPHPで開発されており、データベース管理システムとしてMySQLを利用しています。ただ、PHPのことなどを知らなくてもブログを制作できます。この当たりが、すそ野を広げた要因でしょう。

WordPressのメリット

メリット1 使い勝手は無料ブログとほぼ同じ
記事を書いたり、画像を投稿したりするやり方は、利用者の多い無料ブログとほぼ同じ。WordPressで記事を書くことも難しくありません。

メリット2 WordPress自体は無料
WordPressのソフトウェア自体は無料で、公式サイトからダウンロードできます。高機能ながら無料であることは、ユーザーにとって大きなメリットです。

メリット3 ネットの進化の速さについていける
WordPressは企業が独占的に開発しているものではなく、世界中のユーザーが改良に参加して日々進化しているソフトウェアです。そのため、インターネットのトレンドが変わっても、それに対応する開発が行われ、つねにバージョンアップしていくことができます。

メリット4 機能拡張も超豊富
世界中のユーザーが、システム本体の改良に加えて、機能拡張のための「プラグイン」や外観デザインである「テーマ」も開発しています。その数は超豊富で、役に立つものが多いです。テーマも無数にあるので、カッコイイものから落ち着いたものまで好みのものを作れます。

メリット5 大勢のユーザーとノウハウを共有しやすい
WordPressを使っていて、「困ったことが起きた」とか「こういうことがしたいのだけどやり方がわからない」といった場合、その内容をGoogleで検索したりすると、別の人のブログ上にノウハウやヒントが載っていることが多いです。世界でもっとも普及しているだけあって、大勢のユーザーとノウハウを共有しやすいです。

関連記事

とにかく使いやすいWordPress
WordPress導入前の基礎知識
独自ドメインの取得
・オススメのレンサバ ロリポップ!編  エックスサーバー編

いちばんやさしいWordPressの教本 人気講師が教える本格Webサイトの作り方 第2版 WordPress 4.x対応 (「いちばんやさしい教本」シリーズ)

新品価格
¥1,706から
(2015/6/8 08:29時点)