MENU

営業案内

コンテンツ制作writing3 海外向け情報発信trans 中華圏向けブログhuanying-logo 英語圏向けブログninja-samurai-logo

日本を海外に紹介

日本史一覧japan-logo3 都道府県japan-map-logo2 日本文化一覧japan-culture2 日本マンガ史japan-comic2

中国系記事

中国史一覧china-logo 中国ニュースchaina-news 中国語単語
chinese-logo
中華明星一覧china-star-logo

選挙・政治雑感

senkyo_car本日11月21日に衆議院が解散され、12月2日公示、同14日に投開票されることになりました。「何で解散するの?」「他にやることあるでしょ!」「大義がないのでは?」という意見をよそに選挙に突入。国民・有権者が置いてけぼりなのは、今に始まったことではありませんが、これで政治や選挙に関心を持てというのは難しいですね

関心が低い状況なのに、大手メディアはこぞって「アベノミクスの是非を問う選挙・・・」とか言っちゃう。これでは、有権者との溝は広がるばかりだと思います。有権者が皆、メディアにお勤めの方のように高学歴で、頭がいいわけではないんですけどね~。

私は思想的には右でも左でもなく、支持政党もありませんが、政治・選挙へ関心を持ちづらい状況が改善されないことには懸念を覚えています
「なんで、選挙があるの?」と子供に聞かれて、明確に答えられるお父さん、お母さん、学校の先生は少ないでしょう。

たいていは、「国民の義務だからだよ」とか「国民が政治家を監視する仕組みなんだよ」と答えるでしょうが、それだけでは自分との関わりが乏しすぎて、関心など持てません。自分の知っている人が出馬する、自分と考えを同じ人が立候補する、だから応援したいとかね。そうした感情移入できる要素がなければ・・・。

これまでの日本であれば、無関心の人を相手にしなくても選挙や政治が運営できていました。いわゆる三バンと呼ばれる「地盤」(地元支持層)、「看板」(知名度、世襲)、「鞄」(選挙資金)だけが重要だったのです。しかし、時代は確実に変わっています。
その三バン全てが揃っている田中眞紀子氏ですら、先の選挙で落選。しかも、今回の選挙には不出馬を表明する事態に。これまでの日本の選挙であれば、考えられない事態です。

この変化は、いい方向にとらえることができます。これまで日本の政治は、世襲議員の周辺だけで行われてきたといえますが、それ以外の人にとってもチャンスは増えているからです。ネット選挙の解禁もこの流れに拍車をかけるでしょう。

一方でこの変化を、悪い方向にとらえることもできます。これまでの日本であれば、選挙や政治に無関心な人でも国が護送船団してくれていました。無関心でも食べることに困らなかったのです。しかし、もう国にはそんな体力は残っていません。こういう状況では、無関心な人から取り残されていく可能性が濃厚です。そのため、これからの時代はさまざまな事に関心を持ち、思想を磨き、行動することに越したことはありません。

とはいえ、いきなり意識を変えるのは難しいでしょう。私なら難解な政治書籍ではなく、以下のマンガをオススメします。読めば、「選挙に行かない」なんて言っていられなくなると思います。
無関心こそが最大の敵!『サンクチュアリ』が伝えたかったこと

関連記事

中国語単語 政治

ガイドブックではわからないイタリア旅行の裏ワザ

Firenze2月22日、リナ・エ・ジュンコ・インターナショナルの三浦陽一社長が主催した
第4回イタリア旅行セミナー「ガイドブックではわからないイタリア旅行の裏ワザ」に参加してきました。

歴史ファンなので各国の世界遺産や歴史的建造物を見て周りたいという夢があります。なかでも、イタリアはローマ帝国やルネッサンスが栄えた一大拠点。行ってみたい国のベスト3に入ります。

そんな中、三浦さんが招待してくれたイタリア旅行セミナーに、タイミングが良く参加できました。私にとっての中国も同様ですが、海外には住んでみないとわからないことが山のようにあります。それだけに、イタリア在住歴もあり、現在もイタリアとの仕事をしている三浦さんの話はとてもためになるだろうと思っていました。

そして予想通り、かなり多くのことを教えていただきました。ポイントは・・・
観光面
・史跡見学、博物館巡り、ショッピング、スポーツ観戦、食べ歩き。イタリア旅行には何でもある
・だからこそ、目的をしぼって旅行に出かけないと、どれも中途半端になってしまう
・時間の感覚が日本と違う。交通機関でもレストランでも待ち時間を楽しむ余裕が必要
・Buongiorno!(ボンジョルノ)は魔法の言葉。これ言っておけば、たいてい何とかなる! 

食事面
・ガイドブックに載っていない路地裏の店などが実は絶品
・海鮮料理も多く、日本人好みの料理が多い
・スパゲッティは、あくまでパスタの一ジャンル。実はさまざまなパスタがある。

安全面
・観光地はスリが多いので注意。そのテクニックは凄腕で、注意していてもスラれてしまうほど
・駅前や観光地のように人が集まりやすいところほど、スリがたむろしていて危険
・女性は露出が多い服は着ない方が安全

やはり「餅は餅屋」。その道の専門家から聞く話は何よりためになります。三浦さんはAmazonキンドルで電子書籍『日本人の9割が知らないイタリア旅行の裏ワザ~イタリア旅行の知恵袋』も発売しているので、さらに詳しく知りたい人にはオススメです。

関連記事

イタリア史 年代別記事一覧
ブックレビュー一覧

三浦さんが本を出版されました!

ガイドブックには載らないAmore! イタリアまる秘旅行術知っていると10倍楽しめる達人の知恵60

新品価格
¥1,404から
(2014/11/8 20:53時点)

猫ちゃん、そこ私のメモ帳だから!!

私は人からあまり警戒感を持たれない属性といえます。この属性には良いこともあれば、悪いこともあります。

良いことと言えば、人間関係で大きなトラブルはありません。

一方で悪いこともあります。それは、場合によっては人から舐められてしまうのです
ラオウや大豪院邪鬼のような風貌だったら、舐められることはないのでしょうが、
私の風貌はラーメン大好き「小池さん」に似ています。そりゃ、舐められますよね。

さらに悪いことに、舐めてくるのは人間だけではありません!! 動物まで私を舐めるから困ったものです。この間もちょっとしたことがありました。

最近、茨城県内のとある観光農園に取材に行きました。観光農園というのは、イチゴ狩りやメロン狩りを楽しめる農園で、収穫した果物や野菜はその場で食べたり、持って帰ることができます。私はそこの社長さんにインタビューを始めました。

memo-toru私はインタビューするとき、メモ帳を相手に見えるようにして話を聞き、メモを取るようにしています。メモをしている動作を相手に見せることで安心感を持ってもらう、少しだけですがそんな意味があります。逆に書いていることを隠すと、「何か悪いこと書かれていないだろうか」と疑心暗鬼を生むかもしれないと思い、以前からこのスタイルでやっています。

実はメモを見られて困ることは何もないのです。なぜなら、私の字は速記になるととたんに崩れて読みにくくなります。
だから、何を書いているか、わかりっこないのです。しかし、時々自分でも読めなくなるときがあり、そのときは困りますが・・・。

さて、社長へインタビューを進めていると、その農園で飼っていると思われる猫がトコトコ近づいてきました。そして、私たちが座っているテーブルに飛び乗ってきたのです。ちょっと大柄の猫でしたが、愛嬌がありました。思わず「あら~、かわいいですね~」と言いました。

cat-sleepするとこの猫、なんと私のメモ帳の上にドカッと座り、くつろぎはじめました
優雅にくつろぐ猫。エルガーの「朝の挨拶」が流れてきそうな雰囲気でした。

( ̄_ ̄ i) ・・・。・・・・・・。って、
猫ちゃん、そこ私のメモ帳だから!!

またかっ!!と思いました。そうです。こうした経験は初めてではないから分かります。
こいつらは私を舐めているのです。
ナウシカの周りに集まる動物たちは、ナウシカへの敬意があります。しかし、私の周りに集まる動物たちには敬意がなく、自宅のようにくつろぐから困ったものです

それでも私は、その猫をそのままにして社長との話を再開しました。すでに聞きたいことは抑えてあるので、後はメモを取らなくてもよかったのです。話が終わる頃、猫ちゃんの方から別のところへ出かけていきました。

まぁ嫌われているわけではないので、それでいいか。

関連記事

人の自慢話を聞く

ハンコのことなら「印鑑本舗.com」

もうすぐ新学期・新年度ですね。

進学や起業が多くなる季節なので、新しく印鑑を作るという人も多いのではないでしょうか。
最近はオンラインのハンコ屋さんも、かなり質が高いのでご紹介します。

私も実際に作ったのですが、「印鑑本舗.com」はオススメです。
なんといっても安かったです。
いろんなオンラインのハンコ屋を比較しましたが、ここはかなり安かったです。

このサイトは、創業75年の製造卸が運営しています。
安いだけでなく、納期もとてつもなく速かったです。
午後4時までに頼むと、翌日に届くんですよ。スゴすぎる。

また注文する際も、プレビュー画面を見ながらハンコの様子を確認できるので安心です。
仕上がりも専門店ならではの出来栄えで満足でした。

問い合わせ用のフリーダイヤルもありますし、10年保障というのも安心です。


関連記事

日本文化 実印