ベトナムセミナーに参加してきました

最近、ASEAN関係の仕事が増えてきました。やはり、ASEAN経済共同体(AEC)の発足が近いこともあって、いろいろと活発になっているのでしょう。

昨日も「ベトナムの経済発展と人づくり」(公益財団法人国際人材育成機構、ベトナム社会主義共和国労働・傷病兵・社会省の共催)という規模の大きいセミナーがあったので、参加してきました。会場は渋谷のセルリアンタワー東急ホテル。本来、500名だった定員を大きく上回る800名が来場。注目度の高さが伝わってきました。

vietnam01

目玉は、やはりグエン・ティ・キム・ガン国会副議長を筆頭とした訪日団。どんな国であれ、この立場の人物が来たら、セミナーの重みが異なります。なにせ会場の説明によれば、グエン・ティ・キム・ガン氏は将来の首相に近い人物とのこと。写真に映っている女性の方です。

日本側来賓に自民党総務会長・二階俊博氏の名前がありました。二階氏が日中友好議員連盟会長というのは有名ですが、日本・ベトナム友好議員連盟会長でもあったんですね。ただ、公務のために欠席。代理で議員連盟総務次長の武部新(たけべ・あらた、自民党、衆議院議員)氏が出席。そして、その父である元衆議院議員・武部勤氏も参加していました。

今回は、ベトナムに投資を呼びかけるセミナーではなく、従来からあった「技能実習生プログラム」を有意義に活用していこう!という内容でした。

公益財団法人国際人材育成機構会長の栁澤共榮氏は、「このプログラムは適正に活用すれば、両国の経済を健全に発展させます。日本で2~3年技術を習得し、その技術を帰国後に生かすことでベトナムも豊かになるからです。今では起業に成功した社長たちのネットワークまでできています」と話していました。なるほど、このネットワークは親日の人が多いと思われるのでとてもいいことですね。

近年、このプログラムはマイナス面の方が多く報道されてきました。技能実習生を安い労働力としてしか考えない経営者が、劣悪な労働をさせている、そんなニュースです。その結果、逃亡したり恨みを抱いて殺害するといったニュースも。そのため弁護士連などは、この制度を廃止せよと主張しているのも事実です。いずれにしても、両国の発展につながるような制度としてブラッシュアップしてほしいです。

vietnam02

さて、写真左の女性はもうひとりの重鎮であるファム・ティ・ハイ・チュエン労働・傷病兵・社会大臣。今回参加した重鎮ふたりとも女性というのも、ベトナムの大きな特色ですね。旅行でいいから、ベトナムに一度訪れてみたいと思いました。

関連記事

13世紀、ベトナム陳朝のチャン・フン・ダオが当代最強のモンゴル帝国を破る

D21 地球の歩き方 ベトナム 2015~2016

新品価格
¥1,836から
(2015/11/12 09:16時点)

「ミャンマー投資セミナー」に行ってきました

myanmar7月29日、国連大学ウ・タント国際会議場にて開催された「ミャンマー投資セミナー」(国際機関日本アセアンセンター、駐日ミャンマー連邦共和国大使館 共催)に行ってきました。一般的にミャンマーという国はあまり馴染みがないかもしれませんが、民主化以降ASEANの中でも成長著しい注目株です。

ミャンマーは日本の2倍の国土で、人口約5,100万人。天然資源に恵まれ、2015年のGDP成長率はASEAN最高の8.3%。加えてタイ、中国、インドといった巨大市場に隣接するという地理的優位性にも大きな可能性があります。

人件費はまだまだ低いため、中国などからのシフトを検討する日本企業も多いようです。今回のセミナーでは、ミャンマー国内および国境を越えてタイなどにまで物流している双日ロジスティクスの責任者が事例を紹介していました。その他、水産加工工場を進出しているニチレイフレッシュも登壇。開発コストが低いメリットがある反面、停電などインフラの未整備があることなどを述べていました。

ちなみに、会場名に名を遺す「ウ・タント」(1909年~1974年)はミャンマー人で、アジア人で初めて国連事務総長になった人物です。国連大学の構想を考え、本部を日本に置くことを決定したのもこの人。つまり、ミャンマー人の誇りと言える人物。そのこともあり、基調講演をしたミャンマー投資委員会委員長兼エネルギー大臣のゼヤー・アウン氏は、「このウ・タント国際会議場で、ミャンマー投資セミナーを開催できて感慨深いものがあります」と述べていました。成長必至のミャンマー、ビジネスに観光に要注目の国です。

関連記事

企業・大学別記事一覧

アジア起業家村 in 川崎におじゃましました

前職の出版社時代に何度も取材したNPO法人アジア起業家村推進機構(川崎市産業振興会館内)を久しぶりに訪問。

ここは、アジア人(日本、中国、香港、台湾、韓国、ベトナム、タイなど)で日本国内で起業家を目指している人を支援しているNPO法人です。川崎市という土地柄もあって、有数の企業・団体が支援してくれるのが大きな特徴。日本国内からアジア諸国へ進出するお手伝いなども行っています。

こちらの専務理事兼事務局長の牟田口雄彦さんには、発足当時から今に至るまでいろいろと情報交換をさせていただいてきました。今回も「アジア起業家養成塾」をやっていると教えていただき、伺った次第です。
asia-kigyoukamura

毎年開催している「アジア起業家養成塾」。この10年間で卒業生210余人、35社が創業。特色ある塾として注目され、NHKなどいろいろなメディアで紹介されてきました。今回の講座でも、さまざまな分野で活躍している方を講師に迎え、活発な議論などがされていました。ベンチャーを起ち上げる際はいろいろと不安がつきものですが、こうした支援組織を活用すると心強いでしょう。

「第12回ひたち国際文化まつり」が開催されました

10月25日(土)、「第12回ひたち国際文化まつり」が開催されました。茨城県日立市に住む外国人の生活ぶりを通して、国際化への理解を深めようというイベントです。私が所属している日立市日中友好協会も共催団体のひとつとして、毎年出展しています。私たちも飾り付けとかやりますが、中心になって動いているのは茨城大学工学部(日立市)に通っている中国人留学生たち。中国の文化や遊びなどを紹介しました。
hitachi-international12-01

今回のイベントを通して、茨城県日立市はもとより、大げさに言えば「これからの日本の国際化」というものを考えてみたいと思います

地方都市でもこれだけの外国人がいる

和室では茶道を紹介。日本人のお子さんから、アジア系、欧米系の外国人までいろんな国の方が体験していました。
hitachi-international12-02

hitachi-international12-03「国際屋台村」では、外国の料理を味わうことができました。これはミャンマーの鶏じゃがカレー「ジャッタースィーヴャン」。ミャンマーの留学生によると、普通に家庭で食べている料理だそうです。







アメリカから来たメリッサさんが、私たちのブースに遊びに来てくれました。中国の組みひもを体験中です。メリッサさんは流暢な日本語で、「宮崎馳監督の『千と千尋の神隠し』を見て、日本に興味を持ちました。あとPUFFYにめちゃくちゃハマりました」と話していました。市内の中学校で英語教師として働いています。
hitachi-international12-04

普段の生活では感じにくいのですが、このように一堂に会すると茨城県日立市のような地方都市ですらかなりの外国人が住んだり、留学に来ていたり、働いていることがわかります。ですから、大都市における外国人の数は相当なものだと想像できます。

下手でもいいから外国語を話す習慣が根付いてほしい!!

彼らはさまざまな理由で日本に来ているわけですが、基本は日本に興味があるから来ています。でも、まだまだ日本には彼らを「おもてなしする環境」が整っていません。「おもてなしする環境」というのは、何も豪華なハコモノであったり、整備されたWi-Fi網というわけではありません。むしろ、私たち日本人一人ひとりの心のありようを言っています

日本人は総じて勤勉です。電車に乗っていると、多くの人が何かしらの参考書・問題集を見て勉強しています。その中には英語の勉強している人もいるわけです。TOEICの点数を上げようとがんばっている人も多いでしょう。これ自体はとってもいいことです。

しかし仮に、道がわからずに困っている外国人が隣にいたらどうでしょう? おそらく、積極的に声をかける人はかなり少ないと思われます。どうしても日本人の根底には「私、そんなに英語が上手く話せないから・・・」という気持ちがあるんですね。日本人が勤勉なのは素晴らしいことですが、その勤勉すぎる性格が災いして、外国人から見れば冷淡に映り、さらには外国語の上達を妨げてしまっているんです

私は学生時代、他人の目線は無視して、中国語を口に出して発音して覚えていきました。周囲からはバカだと思われていましたし、「恥ずかしいから、辞めた方がいいよ!」とアドバイスしてくれる人もいました。しかし、外国語を口から発音せずに上達できるわけがありません。たとえTOEICで900点以上をマークしても、コミュニケーションできなければあまり意味がないのです。

「恥ずかしいから、辞めた方がいいよ!」という感覚が多数を占めている間は、日本の国際化は空虚なままです。そもそも、下手な外国語を話すことは決して恥ずかしいことではないのです。前述のメリッサさんのように、好きで好きでたまらなくて日本に来る人もいます。きっと彼女のような人が欲しているのは、上手に英語を話せる日本人よりも「宮崎アニメや、J-POPを語り合える友達」なんじゃないでしょうか

関連記事

「第13回ひたち国際文化まつり」盛大に開催!
「第12回ひたち国際文化まつり」が開催されました
「第11回ひたち国際文化まつり」が開催されました
その他、日立市日中友好協会関連

「第11回ひたち国際文化まつり」が開催されました

11月17日、「第11回ひたち国際文化まつり」が開催されました。これは日立市内に住む外国人の文化をよりよく知ってもらうために始められたイベントです。
私も所属している日立市日中友好協会も共催しており、中国人留学生たちが主体となって中国の文化を発信しています。

日立市在住の外国人というと、やはり中国人が一番多いわけですが、実は韓国、インド、ベトナム、フィリピン、ネパール、タイ、カンボジア、ラオス、アメリカ、イギリスなど多種多様。茨城県北の地方都市でさえ、これだけいるわけですから、今の日本がどれだけグローバルかが伺えます。
とはいえ、そうした外国人たちと接点を持っている日本人は、極わずか。外国人が困ったことに直面しても、なかなか解決できないというのが現実です。だからこそ少しずつでも交流の機会を増やしていこう、このイベントにはそうした思いが込められています。

hitachi-international01日立市日中友好協会では、中国の文化が伺えるパネルを展示したり、中国茶を振舞ったり、中国の伝統的な玩具で遊んでもらったりしました。ご家族で遊びに来た人も多く、子供といっしょに遊ぶ中国人スタッフの姿がほほえましかったです。これが、森秀男会長が普段言っている民民外交(民間外交)というものなんだなとしみじみ思いました。


36jiさて、私個人の最大の収穫は、
「三十六計、逃げるに如かず」でした。なんのこっちゃ?と思うでしょう。実は、会場に左の竹簡風の土産品が置かれていたんですよ。
そこには「三十六計」という物々しいタイトルが。そして、中国人スタッフたちがいろんなことを教えてくれました。

「この竹簡には三十六の計略が書かれています。美人計・空城計・反間計・苦肉計・連環計・・・。これら聞いたことありませんか? 
そう『三国志』に出てくる計略ですよ」と。
たしかに苦肉の策とか今でも使いますね。男が美人計に弱いのはいつの時代でも同じか。

「これらの計略を以ってしても形勢が不利なときは、最後の切り札、それが走為上です」
あぁ、これが日本では「三十六計、逃げるに如かず」として有名になったんですね。
他の35の計略を差し置いて、逃げる計略が一番有名になった、それが日本のお国柄ってことですかねぇ。
話をしていて新しい発見がある。逆に日本のことを気付かせてくれる。それが海外の友人のありがたさだと感じました。

関連記事

「第13回ひたち国際文化まつり」盛大に開催!
「第12回ひたち国際文化まつり」が開催されました
「第11回ひたち国際文化まつり」が開催されました
その他、日立市日中友好協会関連