ギャグマンガの王様・赤塚不二夫

ギャグマンガの王様・赤塚不二夫akatuka日本マンガは大別してストーリーマンガとギャグマンガの2種類に分けられます。赤塚不二夫(1935年~2008年)はギャグマンガの第一人者です。

赤塚不二夫もトキワ荘から巣立ったマンガ家のひとりです。『ひみつのアッコちゃん』『おそ松くん』『天才バカボン』『もーれつア太郎』などの代表作品のほとんどがアニメ化され、人気があります。

赤塚不二夫は「人生はギャグだ」を生きるモットーにしていました。デフォルメされたキャラクターによるナンセンスなストーリーで人々を爆笑の渦に巻き込みました。革新的なセリフや動作も大流行になり、彼は「ギャグマンガの王様」と呼ばれました。

英訳

bakabonpapaJapanese manga is roughly divided into two types, a story manga and a comical manga. Fujio Akatsuka (1935 – 2008) was the first comical manga artist.

Akatsuka was also one of manga artists in Tokiwa-so apartment. Most of the representative works such as “Himitsu no Akko-chan”, “Osomatsu-kun”, “Tensai Bakabon” and “Mōretsu Atarō” ware animated, these are very popular.

His motto is “Life is a gag.” People have laughed a lot by his deformed the character and the nonsense story. Innovative lines and actions also ware in great vogue. Akatsuka was called “the Gag Manga King”.
by blogger

中国語訳

日本漫画大致可以分成两种,一种是故事漫画,一种是喜剧漫画。赤冢不二夫[1](1935年~2008年)是喜剧漫画的第一人。

赤冢不二夫也是从常盘庄出飞的漫画家之一。《神秘阿克》[2]《阿松》[3]《天才傻瓜》[4]《猛烈太郎》[5]等代表作品大部分动画化,很受欢迎的。

赤冢不二夫的人生信条是“人生即玩笑”,以简略造型演出无厘头[6]情节[7]而令人爆笑不止。创新[8]语汇[9]和动作亦[10]成流行,赤冢不二夫被称为“喜剧天皇”。
新浪博客版

1 赤冢不二夫 Chìzhǒng bù’èrfú 赤塚不二夫
2 《神秘阿克》 Shénmì ākè 『ひみつのアッコちゃん』
3 《阿松》 ā sōng 『おそ松くん』
4 《天才傻瓜》 Tiāncái shǎguā 『天才バカボン』
5 《猛烈太郎》 Měngliè Tàiláng 『もーれつア太郎』
6 无厘头 wúlítóu ナンセンス
7 情节 qíngjié ストーリー
8 创新 chuàngxīn 革新的な
9 语汇 yǔhuì 語彙
10 亦 yì ~もまた

関連記事

マイルスと手塚治虫の相似性2 「トキワ荘」は漫画の歴史そのもの
日本マンガの歴史
マンガレビュー一覧
日本史 年代別記事一覧

これでいいのだ―赤塚不二夫自叙伝 (文春文庫)

新品価格
¥617から
(2015/6/16 17:25時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA