銀聯カード、中国に接点がある人は持っていると便利

中国版デビットカードの「銀聯カード」。中国人観光客の爆買いに対応するため、これに対応している免税店、店舗、ホテルは増加の一途。実はこれ、留学やビジネスなどで中国に接点がある場合は、日本人でも持っていると便利です。

なにせ中国のほとんどでキャッシュレスOK。中国は最高額紙幣が100元なので、これがあれば膨れ上がった財布を持ち歩かなくて済みます。心理的にも安心ですね。

三井住友銀聯カードやMUFG銀聯カード、JALアメリカン・エキスプレス銀聯カード、ANA銀聯カードなど、日本の口座から日本円で引落しされる銀聯カードもあるので、作ってみてはいかがでしょうか。

ただ、利用時の海外事務手数料がクレジットカードよりも高いのでご注意。