ロシアW杯、中国企業のスポンサー料は約900億円

「日本代表の初戦勝利で沸く、2018年ロシアW杯。一方で、目が行ってしまうのがスタジアムの広告看板。「万达」「蒙牛」「冠益乳」「海信」といった漢字の広告が並びます。これらは中国企業の看板。

今大会、中国企業が投下する金額は約900億円でなんと世界一。「FIFAパートナー」、「FIFAワールドカップスポンサー」という上位スポンサーには、4社が名を連ねています。
大連万達集団(ワンダグループ、不動産)
蒙牛乳業(乳製品)
海信集団(ハイセンス、家電)
維沃移動通信(スマホ)

かつてはセイコー、キヤノン、富士フイルムといった日本企業の看板がW杯に出ていたんですけどね。2014年にソニーが撤退したのを最後に今はゼロ。ちなみに、韓国企業はサムスン1社がスポンサーになっています。

┐(‘~`;)┌. ふぅ~。これが世界の趨勢であり、現状か……。

日本人および日本社会は、今でも欧米が大好きで、アジアに無関心なんですが……
当の欧米が重視しているのは、もはや中国なんですよね。チャイナマネーがないと、大会運営に支障をきたすレベル。

サッカー中国代表がW杯に出場したのは、2002年日韓大会の1回だけですが、今後は豊富な資金をバックに台頭してくるでしょうね。

関連記事

企業・大学別記事一覧

[完全保存版] 2018 ロシアワールドカップ決算号 FRANCE 20年ぶり2度目の世界制覇 (サッカーマガジン9月号増刊)

新品価格
¥980から
(2019/3/29 05:08時点)