福岡市に行ってきました

5月25日、福岡市で行われた「ツアーに行ければ誰でもできる、初めての個人旅行」で、ゲストスピーカーとして講演させていただきました。
ryot02このセミナーは、とある勉強会がキッカケで交流させてもらっている深川さんが開催したもの。深川さんは、さまざまな世界遺産を巡り、その楽しさを発信している「世界旅行コンシェルジュ」なのです。

深川さんは各国の世界遺産を周っていますが、最も多く行っているのが中国。たしかに中国はイタリアに次いで、世界遺産の数が第2位。周る価値はあります。それでは、深川さんは中国好きなのかというと、その真逆。むしろ大っキライという方です。それでも、「イメージだけでキライというのは簡単だ。実際に行ってみて、本当にキライになってやろう」という心意気で世界遺産を周っています。かなりの傑物です。

深川さんは、基本的にはツアーを利用せず、バックパックを背負って一人で中国の世界遺産を周っています。実は中国の世界遺産は観光地化されていないところもあり、到着するまでの交通手段がないケースも多々あるのです。そんなところでもヒッチハイクなどを利用して進んでいく深川さん。その信念たるや凄まじいです。ただ、中国語が話せるわけではないので、ときに苦労している様子がFacebookなどを見ていて感じました。そこで中国語翻訳などを少しだけお手伝いさせていただき、縁が深まった次第です。

今回、深川さんが開催するセミナーにゲストとして呼んでいただく際、「何か、中国関連のお話してちょ」と言われました。そこで、「中国で人気がある日本のマンガ」といった話題をお伝えさせていただきました。この手の話は、実体験があって、実際にマンガ好きの私の得意分野です。聞かれている方も初めて知る内容もあったことと思います。

また、もうお一人ゲストで登場したのが、先般のイタリアセミナーでお世話になった三浦さん。イタリアは世界遺産の数が第1位の国。今回のテーマにピッタリのお話をされていました。

福岡に縁ができたこと、とても感謝しております。深川さん、どうもありがとうございました。

関連記事

黒田官兵衛と九州、そして福岡
黒田官兵衛から金印まで。歴史ファンにはたまらない福岡市博物館
歓迎日本 福岡県

【歴史放談 メルマガ版】第31号 東京都知事、18年ぶりに北京訪問

今回の目次
1 歴史の小ネタ ●長崎市に孫文・梅屋庄吉ミュージアム開館
2 中国の小ネタ ●東京都知事、18年ぶりに北京訪問
3 役立つ中国語単語 ●日本マンガの中国語タイトル
4 オススメのコンテンツ

ご購読は以下のフォームから

メルマガ購読・解除